新潟県咲花温泉 いろりの宿 平左エ門

畳の廊下で山野草がお出迎え・・・
玄関先では『またかえる』がお見送り・・・

新潟県咲花温泉の平左エ門のオフィシャルホームページをご覧いただきありがとうございます。
当館は全10室の小さな旅館です。
玄関を上がると季節の山野草とそこからすべてが畳敷き。
スリッパなどはございませんので、素足でそのままおくつろぎください。
料理は新潟の物、旬の物を中心に、季節を感じていただくための工夫をいたしております。
温泉は咲花温泉独特のエメラルドグリーンの美人の湯です。
四季を感じながら、肩を張らずにゆったりのんびりお過ごしいただきたい・・・。
そして、『また帰る』・・・。そんなひとことを言っていただけるよう、心からのおもてなしと寛げる時間をご提供したいと考えております。
ぜひ、平左エ門でのひとときをお楽しみください。

平左エ門 スタッフ一同

TEL:0250-47-2321

咲花温泉

効能

開湯は1954年と新しいが阿賀野川の河畔に
湯の花が咲いていることから発見された自然湧出の温泉です。
その昔、「先花地」と呼ばれ、湯花が噴出していたところから「咲花温泉」とその名の由来があり、
新潟県下でも有数の豊富な湯量を誇る温泉地となりました。
空気に触れると神秘的なエメラルドグリーンになる美肌の湯です。
皮膚病・婦人病・火傷に効果があるとされています。

ひめ湯 との湯 露天風呂 木の湯

時間により男女入れ替えがございますので滞在中に木の湯の露天風呂に入ることができます。

露天付き内湯

露天付き内湯

内湯

露天風呂 岩の湯

露天風呂のみになっており、時間により男女入れ替えがございます。

TEL:0250-47-2321

旬の会席料理

新潟の海の幸や地元野菜を料理長自らが厳選し、旬の料理と郷土食をつくり上げる自慢の和会席料理です。

海の幸や地元野菜の和会席料理

旬の海の幸のお刺身

海の幸や旬の野菜の小鉢

郷土料理ののっぺい汁

国産黒毛和牛ステーキ

のっぺい汁

のっぺい汁は、日本全国に分布する郷土料理の1つで地方により
いくつかの呼び名があるが咲花ではのっぺとなり、
汁物ではなく煮物感覚で頂く料理です。
短冊もしくは小さく角切りにしたサトイモを主とし、
冷たい状態で食べるのが主流だが
温めて食べたりもする新鮮なイクラをのせて食べる郷土料理です。

きぬおとめ

きめ細かな白肌と独特のぬめりで人気の「帛乙女」(きぬおとめ)
五泉のさといもの特徴である白さときめ細かさを
日本三大白生地産地である地元五泉産の『絹織物』の帛にたとえ、
乙女のような愛らしさで、人々に親しんでもらえるようにと名付けられたものです。
郷土料理ののっぺには欠かせない地元の代表的な食材です。

旬の魚

新潟の海は日本海の幸が豊富です。
季節ごとに採れる旬の魚は多彩です
中でも南蛮エビは甘みが強くとろけるようなあじわいです。

お米

米どころ新潟には、「魚沼産コシヒカリ」「岩船産コシヒカリ」「佐渡産コシヒカリ」と
3つの特定名称が名乗れる生産地域があり、
当館でお出ししているのは「岩船産コシヒカリ」です。
岩船産コシヒカリは、新潟のコシヒカリが全般的に柔らかめなのに対して
しっかりした歯ごたえがあるのが特徴です。
こだわりの新潟産コシヒカリをぜひ味わってください。

TEL:0250-47-2321

囲炉裏の客室

2間つづき 囲炉裏付の部屋

囲炉裏の部屋

2間つづきの囲炉裏の部屋

2間つづきの囲炉裏の部屋

囲炉裏付8畳

囲炉裏付8畳の部屋

囲炉裏付8畳の部屋

囲炉裏付8畳の部屋

和室8畳

和室8畳の部屋

窓の外は自然風景

囲炉裏付21畳

囲炉裏付の部屋 織姫21畳

囲炉裏付の部屋 織姫21畳の囲炉裏

全館畳敷の廊下

全館畳敷の廊下

全館畳敷の廊下

湯のみ処

売店

TEL:0250-47-2321

アクセス

アクセスマップ

新潟県咲花温泉 いろりの宿 平左エ門
〒959-1615
新潟県五泉市佐取字宮ノ浦7234

TEL:0250-47-2321

咲花温泉 いろりの宿 平左エ門

TEL:0250-47-2321

咲花温泉

TEL:0250-47-2321

2間つづき 囲炉裏付きの部屋

TEL:0250-47-2321

メニュー