MENU

南くんの恋人1994【高橋由美子】キャストあらすじネタバレ最終回結末は死亡する最後?

#ad #PR #スポンサー

人気作品のリメイク「南くんが恋人」が2024年7月からスタートしますが、高橋由美子さん主演版の1994年放送のドラマ「南くんの恋人」のキャストやあらすじネタバレをご紹介します。高橋由美子さん主演「南くんの恋人【1994】」のキャストや最終回結末までのあらすじは死亡する最後?

目次

南くんの恋人の原作とは?1994年に高橋由美子と武田真治で高視聴率ドラマ!

南くんの恋人とは?原作は人気漫画

「南くんの恋人」は、1994年に高橋由美子さん・武田真治さん主演で放送されたドラマです。

原作は、1986年に『ガロ』にて連載がスタートされた、人気漫画家・内田春菊さんによる同名マンガです。

平凡な高校生の南くんと、手のひらサイズになった小さな少女・ちよみの恋と同居生活を描いた異色のラブストーリー!

これまで4度にわたってドラマ化されていて、第1作は石田ひかりさん・工藤正貴さん、3作目には二宮和也さん・深田恭子さん、4作目には中川大志さん・山本舞香さんなど人気俳優陣がそれぞれ主演を務め、ドラマ化されるたびに話題になっています(≧∀≦)

1994年に高橋由美子と武田真治で実写化!高視聴率ドラマ!

そんな高橋由美子さんと武田真治さんコンビ出演の「南くんが恋人」が6月24日に初回だけ再放送されることが話題になっています。

高橋由美子さん・武田真治さん主演の1994年版は放送終了後も高い人気を集め、一年後には続編となるスペシャルドラマが放送されました♪

高橋由美子さん、本当に可愛かったんですよね♪

タイトルからは想像できない壮絶な物語と二人の恋模様に、多くの視聴者が釘付けとなり平均視聴率は15.6%と高視聴率を獲得!第1話の視聴率はなんと18.0%でした!

ちなみに主題歌は、高橋由美子さんが歌う『友達でいいから』♪

当時、オリコンランキングにTOP10入りを果たし、37.5万枚を売り上げた大ヒット曲となっています!

以下は、「南くんの恋人」のあらすじをご紹介します。

南くんの恋人【1994】あらすじネタバレ最終回まで!高橋由美子は死亡する最後?

以降で最終回の結末までのあらすじをご紹介します!結末を知りたくない人は閲覧注意です。

1話 「誕生日に、あげる」

堀切ちよみ(高橋)はSTルイス学園高校に通う高校3年生。幼なじみで同級生の南くん(武田)を想い続けている。南くんは卒業後アメリカに旅立つ予定。離れ離れになる前に想いを告げたいちよみは、南くんの18歳の誕生日に2人で来る約束をしていた海辺のレストランで告白することを決意。ところが、同級生の野村リサコ(千葉)が南くんにキスするなどショックな出来事が相次ぐ。

2話 15センチのおさな妻

身長15cmになった翌朝、南くんのベッドで目覚めたちよみは、家に帰ろうとしない。南くんが学校に行っている間、南くんの母親があけっぱなしにした窓を自分の力で閉められず、寒さをこらえて南くんの帰りを待っていた。

3話 悲しい別れの決意

身長15cmになってしまったちよみ(高橋)は、密かに想い続けている南くん(武田)の部屋に居候することになった。一緒にいられる時間が長くなって喜ぶ、ちよみ。しかし、同級生の野村リサコ(千葉)がしきりに南くんを誘惑する。

4話 バレンタインに誓って

南くんに嫌われていると思い込み、行くあてもなく歩いていたちよみは、女子大生・東山真理絵(西田)と出会う。ちよみは真理絵のアパートで暮らすことに。シカゴ大に留学予定の真理絵はちよみにもシカゴ行きを勧める。パソコンのネットワークでちよみの行方を探していたリサコに情報を聞き出そうとした南くんは…。

5話 南くん、倒れる!

ちよみ(高橋)は迎えにきた南くん(武田)のポケットに入り、南くんの家に戻る。ところが、同級生のリサコ(千葉)や竹原(岡田)、ちよみの父・信太郎(草刈)が南くんの家へ。

6話 わたしもとに戻りたい

リサコに呼び出され、南くんは出かけてしまう。不安になったちよみはリサコの部屋にTEL。このままでは南くんを取られてしまう。もとの姿に戻りたい、という思いが強まっていく。一方、南くんはリサコの部屋からの帰り道に会った竹原に「ちよみが好きだ」と告白する。

7話 ヒミツが明かされた日…

ちよみ(高橋)を探していた竹原(岡田)が交通事故に遭う。竹原をはねたトラック運転手・佐久間は、実はちよみをはねた犯人。でも誰もそんな因縁に気づいていない。入院中の竹原を見舞った帰り道、南くん(武田)はちよみが卒業式に着られるような小さい制服を作ると告白。ちよみは大感激するが、内心困惑する。

8話 ずっと一緒にいたいのに…

リサコの挑発に耐えかねたちよみは、身長15cmの小さな姿のまま、リサコの前に現れてしまう。誰かにこのことを話されたら、もう南くんとは暮らせないとちよみは落ち込む。一方、竹原は、超常現象で小さくなったちよみを隠しているのではないかと南くんを問い詰める。

9話 二人きりの卒業式

家出したまま連絡のなかったリサコ(千葉)からちよみ(高橋)に電話が入る。リサコは自殺しないと約束。電話のやりとりを聞き、ちよみの姿を見た南くんの父(高田)はショックで区役所を欠勤してしまう。一方、ちよみと南くん(武田)は2日後に迫った卒業式に頭を悩ませていた。

【最終回】10話 望みが全部かなった日に

大騒ぎになった卒業式を抜け出し、ちよみと南くんは2人だけの卒業旅行へ。行き先は長崎。宿泊先は、ちよみが修学旅行の時「いつか泊まってみたいな」と口にしたハウステンボス内の素敵なホテル。夢がどんどん現実になる幸せを満喫するちよみ。が、軽いめまいを感じる。その後、温泉旅館へ。

引用元:公式サイト

最終回の結末は死亡する最後?

最終回は、卒業式を抜け出して、長崎へ卒業旅行にやってきた2人。ちよみが、ずっと行きたいと思っていた憧れの場所・ハウステンボス内のホテルに泊まり、幸せそうなちよみ。

しかし・・・ちよみは時々、体が軽くなるような、ぼーっとするような感覚になります。

そしてその夜、ちよみは「本当に幸せ、望みがすべて叶っちゃったから、もう死んでもいい」と口にします。それを聞いた南くんは、怒りますが何かを察したちよみは「今言わなくちゃいけない気がする。お願い聞いて。」と、死を予感したちよみは「でも私、いつ死んでもいいの。心の中で思っていたことが全部叶ったから。本当にありがとう。南くんと会えて、本当に良かった。私がもし、いなくなっても、南くんは幸せにならなきゃだめだよ」と言うちよみでした。

そして翌日、一緒に、自宅に戻ろうとして2人ですが、ちよみの意識がもうろうとしてきます。「もうダメかも」と言うちよみ。

「しっかりしろ!!」と声を掛けますが、なんと・・・ちよみはそのまま意識を失い死亡してしまうんです((+_+))

と言うことで、ラストは、なんとちよみが死亡してしまう結末でした。

ちよみは、自分がいなくなることを予感して、南くんがその後に、幸せに生きていけるように、言葉を残した切なすぎるラストでした。

南くんの恋人【1994】キャストは?

堀切 ちよみ(ほりきり ちよみ):高橋由美子

主人公。セントルイス学園高等学校に通う普通の女子高生。

事故の衝撃で身長15cmの小ささになってしまう。

南 浩之(みなみ ひろゆき):武田真治

もう一人の主人公。セントルイス学園高の生徒で、ちよみとは幼馴染の同級生。

心優しい性格で、体が小さくなったちよみをずっと守り続ける。

野村 リサコ(のむら リサコ):千葉麗子

千代美と南くんのクラスメイト。美人でおっとりしてる風だが、何かと南くんに色目を使い誘惑する。

両親は離婚していて一人暮らし。

南 涼子(みなみ りょうこ):中村綾

南くんの姉。南くんのことを『弟』と呼ぶ。

竹原 直人(たけはら なおと):岡田秀樹

南くんの友人。

真面目な性格で成績優秀な生徒。ちよみに片想いしている。

榎本(えのもと):石塚英彦

南くんとちよみの高校の担任。体育教師で常にジャージを着ている。

朝倉 真知子(あさくら まちこ):響野夏子

ちよみの父・深太郎の婚約者。元看護師。

南 暁子(みなみあきこ):岡本麗

南くんの母。

陽気な性格だが、ちよみを忘れられない息子を心配する。

南 隆之(みなみたかゆき):高田純次

南くんの父。のんびりした性格で料理が得意。

堀切 信太郎(ほりきり しんたろう):草刈正雄

ちよみの父。カフェ『ROUTE66』のマスター。

「男はな、南くん」が口癖。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次