MENU

ブラックペアン天城雪彦と渡海の関係の原作ネタバレ!同一人物や別人双子説考察も

#ad #PR #スポンサー

二宮和也さん主演のTBS日曜劇場ドラマ「ブラックペアン2」の主人公の外科医の天城雪彦前作の主人公・渡海が同じ顔で関係が気になりますが原作のネタバレとは?。「ブラックペアン」で天城雪彦と渡海の関係を原作ネタバレからご紹介。同一人物か別人か?双子説の考察もまとめました!

目次

ブラックペアン2の天城雪彦とは?渡海に瓜二つのの天才外科医!

ブラックペアンロケ地オーストラリアのカジノや海岸はゴールドコースト

天城雪彦とは?シーズン2に登場の天才外科医

「ブラックペアン2」は二宮和也さん主演で2018年に放送されたTBS日曜劇場の続編ドラマです。

悪魔のような天才外科医が大学病院で活躍する姿を描くメディカルエンターテインメント!

シーズン2の今作の主人公は天城雪彦(あまぎゆきひこ)ですね。

オーストラリアのゴールドコーストの病院に勤める外科医で、その技術は世界でも有名なほど。

ダイレクトアナストモーシスという主義が出来る唯一の医師と言われている人物です。

一方で、手術を受けるには二者択一の運試しに勝つしかなく、掛け金として財産の半分を要求するという・・・

そのため医師の間では「ディアブル(悪魔)」と呼ばれているようなのです。

世良が出会った天城が渡海に瓜二つだった!

第1話では、そんな天城に会いにオーストラリアにやってくる東城大学の医師・世良(竹内涼真)のシーンからスタートするようですね。

東城大学医学部付属病院の病院長となった佐伯清剛(内野聖陽)は、心臓外科に特化した新病院の開業計画を進めていた。彼が次に狙うのは全日本医学会会長の座だ。

心臓血管外科医の世良雅志(竹内涼真)は佐伯から、オーストラリアの学会に出席し、ゴールドコーストのハートセンターで働く天城雪彦という医師に渡すよう、一通の手紙を預かる。

先輩医師の垣谷雄次(内村遥)と渡豪した世良は、ゴールドコーストのビーチで意識を失った少年を見つけ、応急処置をすることに。なかなか意識の戻らない少年に戸惑う垣谷の前に、謎の男が現れる。彼のアドバイスで少年は一命を取り留めたのだった。

その後、学会に出席する世良たちだったが、天城には会えずじまい・・・。
落胆する2人は、天城を探しに渡豪してきたというパク・ソヒョン(チェ・ジウ)と息子のミンジェ(キム・ムジュン)に出会う。

やがて天城が競馬場にいることがわかり、世良、垣谷、ミンジェの3人で向かうことになったが、そこにいたのは6年前に東城大を去った渡海征司郎と瓜二つの謎の男。彼こそが医療界ではディアブル(悪魔)と呼ばれ、人も金をももてあそぶ世界的天才外科医・天城雪彦(二宮和也)だった・・・。

引用元:公式サイト

そして、公式のストーリーを見てわかるように、天城は前作の主人公・渡海征司郎(とかいせいしろう)と瓜二つだったのです。

それでは気になる前作「ブラックペアン」の渡海についてご紹介します。

ブラックペアン渡海とは?金と手術を天秤にかける天才外科医!

東城大学医学部付属病院総合外科学教室(通称・佐伯外科)のヒラ医局員だが、手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医。腕のない医師を忌み嫌っていて、傲慢な性格と言動が周囲との軋轢を常に生んでいる。「患者を生かし、医者を殺す」と評されることから、通称“オペ室の悪魔”。手術にはなぜか執刀医ではなくいつも助手として入るが、局内では数少ない心臓手術の執刀経験者。

引用元:公式サイト

2018年放送の「ブラックペアン」の主人公は二宮和也さん演じる渡海征司郎(とかい・せいしろう)です。

一匹オオカミ的な孤高の天才外科医で、お金と手術を天秤にかけるような存在。

そのため通称、オペ室の悪魔なんて言われていました。

そんな渡海が一人心を許していた相手は、オペ看護師の猫田でした。

今作でも趣里さん演じる猫田はしっかり登場するみたいですね。

ブラックペアン猫田の正体と渡海との関係とは?原作と違う?

そんな悪魔のような外科医・渡海にはある目的がありました。

それは父・一郎が擦り付けらえた医療ミスについて明らかにすること。

とある患者の体内にペアンという医療器具を置き忘れてしまった医療事故。

本当は教授の佐伯(内野聖陽)のミスだったにも関わらず、父親のせいにされてしまった。

渡海はその真相を明らかにしようとしていたのです。

しかしその医療ミスの真相は、置き忘れではなく止血の為に止む無く置かざるをえなかったというもの。

やむなく佐伯は体内にペアンを置くことにし、その後患者の治療をした渡海の父・一郎が、佐伯がやむなくペアンを置いた事情を察知。

一郎が医療過誤疑惑を一身に背負い、病院を去って亡くなったというのが真相でした。

そしてラスト、渡海は病院を去っていきました。

金の亡者の医師?かに思われていた渡海でしたが、実は手術代金は医療過誤に苦しんでいる人たちに寄付していたということが最後に判明したんですよね。

そんな渡海と、シーズン2で主人公となる天城!

そっくりの2人ですが、その関係性は何なのか?

以降で原作小説からご紹介します。

ブラックペアン天城雪彦と渡海の関係の原作ネタバレは?同一人物?

同じ顔で同一人物なのか?別人なのか?気になる天城雪彦と渡海。以降では原作小説のネタバレをご紹介します。

今回のブラックペアン2の原作は、海堂尊さんの「ブレイスメス1990」と「スリジエセンター1991」です。

原作小説でも天城はしっかり登場します!

渡海が去った後の病院で、世良や佐伯、高階(小泉孝太郎)が病院で天城と出会うことになります。

厳密に言うと、海外で世良が天城に会いに行くように佐伯に命じられて初対面をします。

このあたりは原作と同じですね。

しかし天城を見ても渡海と似ている!と驚く様子などはありません。

そう、渡海と天城が瓜二つで同一人物なのか?別人なのか?気になる!!!という設定はドラマオリジナルなんです!

また小説でも世良たちが渡海の話を天城の前でしていて「渡海とはどういう人物なのか?」と聞くシーンがあったりするのですが、それ以上の関係性を表すようなシーンはありません。

そのためドラマ版でなぜ2人が似ているかという真相は今のところ不明です。

シーズン2の1話では、渡海の名前を聞いた天城が意味深な表情を浮かべていました。何かしら関係があると匂わせている気がします。

以下の記事では、1話のあらすじをご紹介しています。

【ブラックペアン シーズン2】1話ネタバレ感想!二宮和也の演技に絶賛の声

また2人に何か関係性があるのでは?と思われるシーンもありますので、ドラマオリジナルの考察を以降でご紹介します。

天城雪彦と渡海は別人で双子説の考察も

ブラックペアンシーズン2の初回では、天城と渡海がそっくりであることから、オーストラリアで天城を見た心臓血管外科医の世良雅志(竹内涼真)と先輩医師の垣谷雄次(内村遥)が驚く場面がありました。

そして・・・1話のラストでは、オーストラリアから日本に向かおうとしている天城が空港で、幼い子供が2人手を繋いている場面を思い出しているシーンが。

このシーンを受けて早くも多くの考察が。

同一人物で偽名で医師を続けていた?

渡海がオーストラリアに渡った後、天城と名前を変えて医師を続けていた!という同一人物説もあるかもしれません。

SNSでは記憶喪失説も盛り上がっています。

生き別れの双子?

しかしやはり1話の放送を受けて一番多いのは双子説だと思います。

1話のラストの小さい手は、天城と渡海の幼いころで2人は双子で生き別れたのでは?という説が多く盛り上がっています。

このあたりは徐々に明らかになってくると思うので、情報がわかり次第更新していきます。

まとめ

今回は「ブラックペアン」で二宮和也さんが演じる天城雪彦と前作の渡海との関係性についてご紹介しました。

どちらも悪魔のような天才外科医であり、瓜二つの天城と渡海!

原作小説にも二人は登場しますが、顔が似ているという描かれ方ではないので、そっくりなのはドラマオリジナルのストーリーとなります。

もしかすると天城と渡海は双子?それとも渡海が天城として医師になっている?

「ブラックペアン2」は、主人公の天城と渡海の関係性にも注目が集まりそうですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

  • コインを投げた後の2人の少年が手を繋ぐ姿から双子などの可能性が高そうだなと思いました

コメントする

目次