MENU

夫の家庭を壊すまでネタバレ最終回結末!クズ夫と家族への復讐とシーズン2も

#ad #PR #スポンサー

松本まりかさん主演テレビ東京ドラマプレミア23のドラマ「夫の家庭を壊すまで」は長年不倫をして騙していたクズ夫に復讐する妻が主人公の漫画が原作の物語ですが、最終回の結末ネタバレとは?「夫の家庭を壊すまで」のあらすじネタバレを最終回結末までのクズ夫と家族への復讐とシーズン2についてもご紹介です。

目次

【夫の家庭を壊すまで】原作は同名漫画で完結してる?続編のシーズン2も

 

原作は同名漫画で完結してる?続編のシーズン2も

2024年7月スタートのドラマプレミア23「夫の家庭を壊すまで」は、サレ妻による痛快無比なリベンジエンターテインメントです。

初恋が永遠に続くと思っていた主人公・如月みのり(松本まりか)。純愛だと信じていた夫・如月勇大(竹財輝之助)に15年も裏切られていた。離婚だけでは終われない。誰もこの罪を裁かないのなら、自分が罰を与えることを決心する。そこで利用しようとしたのは、不倫相手・三宅理子(野波麻帆)の息子である高校生・三宅渉(野村康太)。若く純粋な渉に接近し、勇大と理子の不貞の証拠を掴み取っていく。その中でみのりは、自身の出生の秘密と今回の不倫に隠された大きな陰謀を知ることになる。そして渉に対しての罪悪感と思いもよらない感情が沸いてくるのであった…。

引用元:公式サイト

夫の長年の不貞に鉄槌を下す主人公・如月みのりを演じるのは松本さん!

今回テレ東連ドラ初主演となるんですよね~。

原作は、LINEマンガにて配信と同時に総合ランキング1位を獲得したフルカラー電子漫画・赤石真菜さんの「夫の家庭を壊すまで」です。

赤石真菜さんは1995年8月17日生まれで、日本大学芸術学部映画学科監督コース卒業という経歴です。

大学卒業後テレビのドキュメンタリーや漫画原作を手掛けるなど活躍されています。

そんな赤石真菜さんは、今回ドラマ化されるにあたり以下のようにコメントされていました。

自分の連載作品がまさか実写化されるなんて、本当に夢のようなお話で実感が湧きませんでした。このような機会を与えてくださった全ての関係者、読者の皆様に心より感謝申し上げます。サレ妻・みのりがどのような方法で“夫の家庭”を壊していくのか……素晴らしいキャスト・スタッフの皆様によって新たな命が吹き込まれるドラマを、一視聴者としてとても楽しみにしております!1人でも多くの方々に、毎週月曜日を待ち遠しく感じていただけたら幸いです。

引用元:公式サイト

「夫の家庭を壊すまで」は『HykeComic』にて連載中です。

実はシーズン1は完結しているのですが・・・なんと続編のシーズン2がスタートして連載中です。

脚本家は誰?

そして今回脚本を担当されたのは、岸本鮎佳さんと加藤綾子さんです。

岸本鮎佳さんは、演劇ユニット「艶∞ポリス」主宰であり、全作品の脚本、演出、出演もされています。

最近では映像の脚本も手掛けており、TELASA オリジナル ドラマ「主夫メゾン」「バツイチ2人は未定な関係」などを担当されました。

加藤綾子さんは、映画「藍に響け」、ドラマでは「スイートモラトリアム」などを担当されています。

夫の家庭を壊すまでネタバレ最終回結末!クズ夫と家族への復讐とシーズン2も

以降では最終回の結末までのあらすじネタバレをご紹介します。重要なネタバレを含む可能性があるので、知りたくない人は閲覧注意です。

長年の不倫を知り復讐を誓うみのり

主人公・如月みのりは高校時代から交際していた勇大と結婚する。息子・翼が誕生し、3人で幸せな日々を送っていた。

しかし勇大は息子のことを本当に愛しているのか?息子への対応が少し気になっていました。そんなある日、勇大の携帯の通知から不倫をしていることがわかるみのり。

勇大の後つけると・・・勇大は見知らぬ女性・三宅理子と息子・渉の3人で楽しそうに食事する姿を目撃する。そして勇大は3人で理子のマンションに入っていきました。

弁護士をしている友人にも相談し、詳しく調べたところ、夫が長年不倫をしていて、家族のように過ごしていたことを知ったみのり。しかも不倫相手の理子は2人が出会った高校での勇大の同級生でした。

勇大が大切にする家庭を壊すために、復讐を計画したみのり。

不倫相手の息子・渉に接触

みのりは、理子の息子・渉が通う塾の講師として働くことにして、渉と知り合い、親身になって渉の話を聞くことに。何も知らない渉は、みのりのことが好きになっていきます。

渉は理子の子どもなので、利用することに罪悪感を感じるみのり。

また更に調べていくと、勇大が実の母親から命じられてみのりに交際を申し込んで結婚したことがわかります。

実はみのりの実の父親は大企業の社長で、幼い時に生き別れになっていった過去があり、その事実をみのりは知りませんでした。しかし過去にみのりの実の父親の自宅で家政婦をしていた勇大の母親が、みのりの母親が事故死したことを知り、何も知らないみのりと勇大を結婚させて、実の父親からお金を得ることができると、結婚を企てたのでした。

お金を得た後は、みのりから財産を奪う計画でした。

お金が目的で、勇大が誰と恋愛しても構わないと思っていた勇大の母親は、勇大が理子と付き合っていることを知っていて、理子とも仲良くしていたのでした。

また理子は勇大との子供を妊娠していたこともわかります。

みのりの父親からのお金をみのりを騙して、ゲットした後は、みのりと離婚すれば良いと、お金目的で結婚させ、その計画を言う通りに実行していた勇大でした。

全てを知ったみのりは、絶対に夫と理子の家族を壊そうと誓います。

クズ夫への復讐の結末とは?

しかし渉には、自分が勇大の実の妻であることを告白するみのり。当初は自分たちが幸せならばと勇大が自分の母親と不倫をしていることに罪悪感を感じていなかった渉でしたが、みのりの苦しみを知り、反省した渉。

みのりの復讐に協力することに。

渉は自分の母親に、不倫をしていることを最低だと言い、勇大と別れないならば、自分は母親の前から去ると言い、誰よりも息子が大事な理子は、勇大と別れる覚悟をします。

みのりは実の父親にお願いして、家政婦をしていた勇大の母親の仕事をすべて奪いどん底に。

また勇大は会社に不倫をしていたことがバレて地方に左遷されます。すべてを失った勇大と母親。みのりは勇大に離婚を言い渡し、母親と勇大の計画は失敗に終わります。理子にも捨てられた勇大はみのりに頭を下げますが、許さず、息子と2人で新しい生活を始めるのでした。

続編のシーズン2とは?

シーズン1は夫への復讐を終えて完結を迎えたのですが、続編のシーズン2がスタートしました。

シーズン2は、シーズン1のラストで今まで住んでいた町を離れて、田舎町で空家を買い取って古民家カフェをオープンしたみのりの7年後からスタート。

幼かった息子も11歳になっていました。

独身のみのりでしたが、お見合い話があり、息子の同級生のシングルファザーの父親とお見合いして、親しくなっていきます。

そんな中、息子の小学校の教師として再会したのは、なんと元夫の不倫相手の息子の渉。

渉は息子の小学校だとは知らなかったと言いますが、今でもみのりのことが好きだとアプローチ。

みのりも渉の登場と言動に揺れますが、許されないことだと遠ざけようとします。

原作はここまでで、連載は進行中で完結していません。

ただ、おそらくドラマではシーズン1の復讐が終わるまでが描かれるのでは?と思います。

【夫の家庭を壊すまで】あらすじネタバレ全話を最終回まで

1話あらすじネタバレ

「夫がもう1つの家庭を持っていた!?」純愛を貫いて結婚した如月みのり(松本まりか)と如月勇大(竹財輝之助)。子供にも恵まれ誰が見ても幸せな家族のはずだった。最近の勇大の振る舞いに違和感を覚え、みのりは勇大の後をつける。みのりの目に飛び込んできたのは、不倫相手の三宅理子(野波麻帆)とその息子・三宅渉(野村康太)と共に仲睦まじく歩く勇大の姿。離婚だけでは終われない。痛快無比なサレ妻のリベンジが今始まる!

引用元:公式サイト

調べてみると、勇大は三宅理子(野波麻帆)と不倫していたことがわかり、しかも理子は勇大とみのりが出会った同じ高校だったことも判明。

渉の父親は誰なのかは不明でした。

不倫をしている証拠を手に入れたことから、友人で弁護士の堀紗良から、離婚して慰謝料を取ろうと言われますが、長年騙されていたことを知り、もう一つの家庭を持っていたという裏切りを簡単に許すことはできないと言うみのり。

そしてみのりは、不倫相手の息子・渉の塾で働くことになるのでした。

2話あらすじネタバレ

不倫相手の息子・三宅渉(野村康太)が通う塾で勤務を始めたみのり(松本まりか)。正体を隠しながら渉の父親を調べるため距離を縮めていく。渉の父親は夫・勇大(竹財輝之助)なのか…。親身に相談に乗ってくれるみのりに少しずつ心を開いていく渉は、自身の幼少期の話をする。疑惑が深まる中、母親の理子(野波麻帆)が倒れたと一報が。病院へ向かう渉の後を密かに追うみのり。病室の理子と渉の元に、勇大が遅れて到着する…。

引用元:公式サイト

夫の不倫相手の息子の渉が通う塾でチューターとして働き始めたみのりは、渉の担当となり、親身に話を聞き、アドバイス。

渉は、みのりに惹かれていくのでした。

みのりは、渉の苦手分野を克服すべく「がんばって、目標を達成したらご褒美をあげる」と予め調べていた渉の好きなゲームアプリの通信を一緒にやることに。

そして勉強のことを聞く中で、家族について探り出すみのり。みのりと一緒にいる時に、勇大から電話が入ったことがわかり、みのりは「お父さん?」と聞くと、父親ではなく、父親代わりとして接してくれている母親の恋人だと説明。

本当の父親は、自分が生まれる前に別れたらしいと話します。

どうやら実の父親ではないのでは?と渉の説明から感じたみのり。そして幼いころから、自分と一緒に遊んでくれたから寂しくなかったと言う渉に涙が出そうになるみのり。

みのりは、どうして、その人と母親が結婚しないのか?と突っ込んで質問。

渉が何かを言おうとした時、母親が病院に運ばれたと連絡が入り、急いで渉は病院に向かいます。

すると、しばらくすると夫の勇大から、仕事で遅くなるから食事はいらないと連絡が入ります。

みのりも、渉の後を追って病院に駆け付けます。そこで駆け付けた勇大を見てしまい、泣きそうになるみのりでした。

その日は、勤務先の塾から連絡が入り、すぐに塾に戻ったみのり。

後日、塾で渉に会います。

そしてみのりの出身大学の教育学部に入り、教師を目指したいと言う渉。

そこで渉は塾の仕事の前は何をしていたのか?と聞かれ、大学の職員だったけど、結婚して辞めたと説明。

結婚していたことを知り、ショックを受けている様子の渉。みのりは、渉が自分に気があることをわかっていました。

どうして急に進路を決めたのか?と聞くみのりに、母親が妊娠したから、兄になると言われるのでした。

3話あらすじネタバレ

夫の浮気相手の理子(野波麻帆)は勇大(竹財輝之助)の子供を妊娠していた。何も知らない渉(野村康太)は母親である理子の事をみのり(松本まりか)に話す。嘘をつき続ける勇大との生活はみのりを少しずつ蝕んでいくも、親友の紗良(太田莉菜)に相談していく内に静かに復讐の炎を燃やし始める。みのりが向かった先は、理子が経営する美容院だった。ついに対面するサレ妻とその浮気相手。一触即発の会話が繰り広げられる…!

引用元:公式サイト

みのりは、渉から理子が妊娠をしたので、いずれ、父親が変わりの勇大と一緒に暮らすことになりそうと言われショックを受けて帰宅。

そして「部屋とYシャツと私」を「毒入りスープで行こ~う♪」と歌いながら、怒りに震えつつも、にんにくたっぷりのパスタを作って、何も知らない勇大に振る舞います。

翌日会社で後輩男子からにんにくの匂いがすごいと言われた勇大。すると女子社員から「それマーキングですよ。他の女に対しての。私はよく、友達の話として、自分の不満を相手にぶつけます」と言われます。

それを聞いて、みのりが「友達の夫が不倫していた」と言う話を言っていたのを思い出し、焦ったのか・・・会社が終わると早く帰宅して、みのりを抱きしめて、やさしい言葉をかける勇大でした。

後日、みのりは、理子の経営する美容院に行き、理子を指名します。驚いた様子の理子に、余裕の笑顔で大胆にいろいろと話しかけるみのりに、圧倒される理子。

途中で気分が悪くなってトイレに逃げこんだ理子をトイレの前で待ち伏せて「妊娠してるんですよね?つわり大丈夫ですか?心配になっちゃって」とホラーな言動をするみのり。

そして、夫が子供のことをかわいがってくれるなど、家庭での夫・勇大の話をして、理子の息子が高校生だと聞き出すと「恋愛」とかする年頃では?と言うみのりに「うちはそういうのは全然なさそうで」と返した理子に「そういう子に限って」と挑発するように言うみのりに、思わず強い口調で否定する理子。

我に返り、謝罪するのでした。

地獄の時間は終わり、みのりが帰っていくと「どうして今さらバレてしまったの!?」と動揺する理子。

しかし・・・勇大にはみのりが来たことを知らせないのでした。

理子はみのりの登場で心配になり「私たち本当に結婚できるの?」と勇大にラインメッセージを送ろうとして、メッセージを消すのでした。

一方、自宅では、勇大はみのりを抱きしめてきます。「あの女に触れた手で私に触らないで。気持ち悪い」と思いますが、友達の弁護士から、すべての準備が整うまで、絶対にバレないようにして、愛されている幸せな妻を演じるように言われて、勇大を受け入れるのでした。

一方、みのりから挑発されたことで、息子の渉のことが心配になった理子。渉の部屋に香水があるのを知り、渉がいないまに、部屋に入り、PCを黙ってみてしまいます。

すると誰かと2人で週末に会う約束をしているメッセージを見つけます。そこには、待ち合わせ場所のお店のリンクが。

そして週末・・・みのりと渉が2人で会っているお店に、必死に向かう理子でした。

4話あらすじネタバレ

中間試験のご褒美としてデートをする渉(野村康太)とみのり(松本まりか)。渉を騙すことに罪悪感を持ちつつも、夫・勇大(竹財輝之助)の事を詳しく聞き出そうとする。なんと渉は自分の母親と勇大の不倫のことを知っていた。しかも「そんなに不倫ってダメなことですか」と語る。そんな渉に対しみのりは思わず、衝撃的な発言をぶつけてしまう…。一方、渉とみのりの接触に理子(野波麻帆)も危機感を募らせ、大胆な行動を起こす。

引用元:公式サイト

OA後に追記します。

【夫の家庭を壊すまで】のキャストは?

キャスト情報引用元:公式サイト

如月みのり 【松本まりか】

専業主婦。学生の時に出会った勇大と10年以上の純愛を実らせ結婚。実の父親は知らず幼少時に母を亡くし、祖父に育てられる。夫の長年の不倫に裁きを与えることを決心する。

如月勇大 【竹財輝之助】

会社員。みのりとの間に5歳の男の子がいるが、あまり育児に協力的ではない。毎週火曜は会社の会議があるという理由で帰りが遅い。実は学生の頃から理子のことが好きで、別の家庭のように通い続けている。

三宅理子 【野波麻帆】

美容師。勇大と同じ高校の同級生。大学時代に勇大とは別の相手との間に男の子を妊娠し、出産。シングルマザーであったが街中で偶然勇大と再会し関係が深まる。いつか勇大がみのりと別れて結婚してくれると信じている。

三宅渉 【野村康太】

高校三年生。幼い時に勇大と出会い、父親のように接しているが、実の父親を知らない。イケメンで同級生にモテるが 興味がない。塾の先生として出会ったみのりに好意を寄せていく。

堀紗良 【太田莉菜】

みのりの高校の同級生。現在は弁護士として活動している。親友が裏切られたと知り、陰ながら離婚手続きのサポートを申し出る。法律の知識を駆使して、みのりのために最良の結果を導けるように尽力する。

武藤花音 【田中美久】

渉と同じ塾に通う女子高生。渉に対してアピールするも中々興味を持ってもらえない。そんな渉が思いを寄せているみのりに対して嫉妬心を抱いている。

楠木一郎 【太田将熙】

勇大を尊敬している会社の後輩。生意気な態度を取る事もあるが、勇大がトラブルの時はサポートして、信頼関係を築いている。現在恋人募集中。

松崎和歌子 【中島百依子(ダウ90000)】

勇大が勤務している会社の新入社員。不倫には寛大な考えを持ち、時折放つ自由奔放な発言や行動で勇大を戸惑わせる。

如月裕美 【麻生祐未】

勇大の母親。普段はみのりのサポートをして、翼の面倒を見てくれる優しい義母。

 

【夫の家庭を壊すまで】ネタバレまとめ

今回は松本まりかさん主演「夫の家庭を壊すまで」についてご紹介しました。

原作はLINEマンガをはじめとした電子書店で好評配信中の赤石真菜さんの同名漫画が原作です。

キャストは不倫する夫役に竹財輝之助さん、夫の不倫相手役に野波麻帆さん、姑役に麻生祐未さんと豪華キャストが揃いました。

そんな「夫の家庭を壊すまで」は、7月8日月曜日テレビ東京系で夜10時6分スタートです。

月曜夜からかなりハードな不倫復讐ドラマを是非皆さんお楽しみください(^^♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次