MENU

海のはじまり水季の死因はガンで確定?1話ネタバレと考察

#ad #PR #スポンサー

2024年7月1日放送の目黒蓮さん主演フジテレビ月9ドラマ「海のはじまり」1話のあらすじネタバレと感想・水季の死因の考察をご紹介します。「海のはじまり」1話のネタバレ感想は主人公の夏が可哀そう?水季はなぜ死んだのか?死因の病気はガンなのかご紹介です。

目次

海のはじまり1話あらすじネタバレ!大学時代の恋人の死から子供の存在を知る衝撃展開

東京の印刷会社に勤務する月岡夏(目黒蓮)には、化粧品メーカーで働く百瀬弥生(有村架純)という恋人がいる。2人は平凡だが、幸せな日々を送っていた。ある日、夏のアパートで夏休みの予定を合わそうと話していると夏のスマートフォンに着信が。応対した夏の表情がこわばる。

翌朝、夏は実家へ。突然の訪問に、朝食中の父、和哉、母のゆき子、弟の大和(木戸大聖)は何事かと思うも、多くを語らない夏の雰囲気に事情を察する。自室で喪服を出していた夏に、和哉は黒いネクタイを差し出す。

葬儀場に来た夏は、“故 南雲 水季 儀 葬儀式場”と書かれた案内板の前で立ち止まる。大学時代の友人、真山純希が「何年ぶり?」と声をかけてきた。「8年ぶり」と答える夏。亡くなった水季(古川琴音)は、夏が大学時代に交際していたかつての恋人だった。

夏は焼香の列で、水季の母・朱音(大竹しのぶ)、父・翔平ら親族に挨拶をした際、一緒にいる女の子に目をとめる。その女の子が水季の子供だと知り、驚く夏。

夏が葬儀場のロビーにいると、先ほどの女の子が津野晴明(池松壮亮)と会場から出てきた。夏は女の子に話しかける。女の子は海(泉谷星奈)と名乗り、6歳だと夏に告げた。夏は、水季との記憶に思いを馳せ…。

引用元:公式サイト

目黒蓮さん演じる主人公が、亡き恋人の娘と出会うことになる。

そんな事前情報を聞いて、相葉雅紀さん主演の「マイガール」を思い出した方も多いのではないでしょうか?

海のはじまりはマイガールのパクリで似てる?共通点や違いは?

果たして、第1話ではどのような展開が待ち受けていたのか?

以降で「海のはじまり」第1話のストーリーをネタバレ紹介します。

突然の元恋人・水季の死

海岸を歩いている南雲水季とその娘・海。

「どこからが海?」

そんな素朴な質問をする娘を水季は温かく見まもっています。

場面は変わり、主人公の月岡夏は年上の恋人・桃瀬弥生がいます。

仕事を終えた二人は、ご飯を食べながら、夏休みいつとるかと楽しそうに話していました。

すると夏のスマホが鳴り、夏は電話越しに言います。

「なんで・・・死んだの」

翌朝、実家に戻り礼服を取りに帰った夏。

そして向かった先は葬儀場で、そこには南雲水季の案内板が立っています。

大学時代の友人・真山は「いつぶり?」と尋ねると「8年」と答える夏。

亡くなった水季の焼香をしていると、棺の前に女の子がいて夏は目があいました。

真山が親族が話しているのを聞いたようで、女の子は娘の海で、水季はシングルマザーだったと言う。

「あんな大きい子いるんだ」と驚く夏は、女の子が何歳なのか気にしている様子。

真山がタバコを吸いに行き、ロビーにいる夏は弥生にメッセージを送っています。

そしてふとスマホで見たのは過去の写真。

そこに写っていたのは亡き水季でした。

実は水季は夏の大学時代の恋人だったんです。

水季との出会い

大学時代。仲良くなった真山と山岳部の新人歓迎コンパに参加した夏。

夏はトイレに行った帰り、体調が悪そうにした水季に声を掛けました。

しかし水季は具合が悪いわけではなく、ゲームをしていただけでした。

それがきっかけで話をして、仲良くなった二人。

付き合いだしてからは、スピッツの音楽を流しながら車で海に向かうなど楽しい日々を過ごします。

水季の娘は6歳だけど・・・

現在の夏が見ていたのは、そのときの海辺での水季の写真と動画でした。

するとロビーに水季の娘・海が、津野清明と一緒にやってきます。

津野はおばあちゃんのお手伝いがあるから、ここでいい子にしているようにと言いその場を去っていきました。

夏が「水季の娘さん?」と声をかけると、名前は海で6歳だと答えてくれます。

「さっきの人お父さん?」と尋ねると「津野君がパパなわけない」と言う海。

お父さんがいないのに聞いてしまったことを夏が詫びると・・・

「お父さんいるよ。ママが言ってた」と海は答えます。

すると海は書いていたパパとママの絵を見せてくれるのでした。

周囲からは、母親が亡くなり一人でかわいそうに・・・という大人たちの声が聞こえます。

夏は思わず言います。

「かわいそうじゃないよ」

そして海に「ああいうのは聞かなくていい」と言い、耳にイヤホンをつけてあげ、スマホに残した水季の動画を見せてあげました。

その動画を見て、再び水季との過去を思い出す夏。

水季が妊娠!中絶を決意し別れた過去

就活を始めた冬のある日の事、水季は夏の家にやってきて書いて欲しいものがあると言います。

差し出したのは「人工妊娠中絶の同意書」で、夏は固まってしまいました。

水季は浮気とかしてない。夏しかありえないと言い、書いて欲しいと迫ります。

いつ分かったのか夏が聞くと、一週間くらい前だと答える水季。

誰にも相談できず悩んでいた水季に謝る夏ですが、水季は誰のせいでもないから謝らないでと言う。

考えてから決めて欲しいと夏は言うが、水季は考えた末だとこう答えます。

「夏くんはおろすことも産むことも出来ないんだよ。私が決めていいでしょ?」

そう言われて涙ながらにサインをした夏。

後日、大学に行くと友人から水季が大学を辞めたと聞かされます。

寝耳に水で、水季に電話すると学費高くて就職するから別れようと言われてしまう夏。

「夏くんより好きな人できちゃった。その人とずっと一緒にいたいんだよね。」

誰と尋ねるも、内緒と教えてくれません。

夏は会って話そうと言いますが、取り合ってくれない水季。

こうして二人は別れてしまったのでした。

衝撃の事実を知る夏!海は娘だった

そして現在、動画を見ながら大学時代を思い出していた夏。

海は「ママと友達なの?」と尋ねると「8年も会っていない」と夏は答えます。

するとそこに津野がやってきて、夏が月岡だと名乗ると、津野は水季の同僚だと自らのことを話しました。

「この七年のことほんとに何も知らないんですね」

意味深なことを言い去っていく津野。

その後津野は、水季の母・朱音に月岡さんが来ていたと伝えました。

そして夏が帰ろうとしたとき、朱音は海を連れて夏を追いかけてきます。

月岡さん?と声をかけ、水季の母だと言う朱音。

そして連絡先を渡して、気になるようなら連絡くださいと言う。

意味が分からない様子の夏を別の場所に連れていき、海の人生は始まったばかりで未来を考えなければいけないと言う朱音。

何故僕に?と夏が言うと、朱音は海を葬儀場に帰します。

2人になり、朱音が差し出したのは水季の中絶同意書でした。

そこには夏のサインがあります。

変わった子で、親でも何を考えているのか分からない子だったと言う朱音。

ここで、夏は海が自分の子だと悟り、「何も知らなくて」と謝ります。

その頃、海は津野のもとに駆け寄り「あの人が夏くん?」と尋ねていました。

すると津野はそうだと優しくうなずきます。

そして朱音は夏に言いました。

「そういうのないですよね。海の父親やりたいとか思わないですよね?」

何も答えられない夏に、ただ想像はして欲しいと続けます。

「この7年の水季のこと。今日一日だけでも想像してください」

そう言って朱音は去っていくのでした。

夏が一人歩いていると後ろから「夏くん」と言う声が聞こえます。

それは海の声で、亡き水季の声も重なったように思えた夏。

海は津野に手を引かれ去っていきますが、夏に向かって手を振っていました。

ショックを受けた夏の前に現れた海

そして夏が帰宅すると、待ってくれていた弥生。

「一人だとどうにかなりそうだった」と言い、大学の同級生が病気で亡くなったことを話す夏。

辛かったねと話を聞いてくれる弥生に、夏は「何も知らなかったから、何もできない」と涙するのでした。

翌朝、弥生が帰って一人になった夏。

するとインタフォーンが鳴り、出てみるとそこにいたのは海でした。

海はこっそりと祖母の家を抜け出してやってきてしまったようです。

何で家を知っているの?と尋ねる夏に、前に来たことがあると海は答えます。

母・水季と一緒に来たことがあった様子。

そして海は、カバンの中からスマホを取り出し、水季の動画を見せてくれました。

帰った方がいいと言う夏ですが、水季は動画を見続けます。

「ママ、夏が一番好きなの」

「海も夏好き」

そんなやり取りを聞いて、思わず涙が出てきた夏。

すると海は、もう一回動画を見せて欲しいと言います。

夏が動画を見せると、水季は海岸を走り言っています。

「海!!海好き。海大好き~」

動画を見終え、「終わるとどうなるの?」と質問する海。

夏は「終わりは終わりだよ。もう無いってこと。帰ろ」と言いますが・・・

「ママ終わったの?」とさらに海は問います。

「死んじゃったんだよ」

「死んだらどうなるの?」

「ごめん。わかんない。死んだらどうなるのかは分からないけど、水季、お母さんじゃなくなるわけじゃないから。終わったんじゃないよ」

「夏くんは?夏くん海のパパでしょ?夏くんのパパ、いつ始まるの?」

そんなシーンで終了となった第1話でした。

海のはじまり水季の死因はガン?なぜ死亡したの?か考察

そして気になったのが、突然死亡してしまった水季。病気であることがわかったのですが、死因について、詳しいことは語られていませんでした。

どのタイミングで病気が判明したのかも、気になるところです。

そんな中、脚本家の生方美久さんのドラマに関するコメントから、おそらく病気の病名はガンなのでは?と思う取材記事がありました。

引用元:https://gingerweb.jp/timeless/person/article/20240627-interview-16

上記の記事の中で「明確に伝えたいことはふたつだけです。ひとつは、がん検診に行ってほしいということ。すべての人が受診できる・受診しやすい環境が整ってほしいです。」

おそらくガンなのでは?と思います。そして、水季がガン検診に行っていれば助かったかもしれない状況だったのでは?と思います。

いつ癌が判明したのか?具体的に何ガンだったのか?

そのあたりも今後、詳しく描かれると思います。

海のはじまり1話感想・反響!目黒蓮が可哀そうの声!

やっぱり目黒蓮さん演技が上手でしたね。

そして「silent」のスタッフが再集結したドラマということで、セリフ回しや音楽などが何となく似ているところもありましたね。

海役の女の子もとってもかわいくて、今後二人がどのような父娘の関係になるかも気になるところです。

海のはじまり子役の海役は泉谷星奈!娘役キャストの出演作品は?

個人的には、別れた女性の動画をスマホに残すなんてどうなの?と解せないところもありましたが(;^_^A

かつての恋人の死から自分に娘がいることが判明した衝撃展開の1話の反響です。

何も知らなかったのに、水季の母親や職場の同僚に敵意を向けられた海。確かにひたすら可哀想で、水季が勝手な気がしてしまう1話でした。

海もかわいそうだけど、恋人の弥生も不憫でした。

しかし、脚本家が「silent」の生方美久さんなので、なぜ1人で出産して、どうして海が父親だと娘にわかるようにしたのか?丁寧にそのあたりが描かれるのでは?と思います。

総じて面白かった1話。第2話では有村架純さん演じる彼女の弥生に娘の存在をどう説明するのか楽しみですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次