MENU

【9ナインボーダー】ネタバレ原作あらすじキャスト!松下洸平は記憶喪失で秘密とは?

#ad #PR #スポンサー

川口春奈さん主演のTBS金曜ドラマ「9ボーダー【ナインボーダー】」19歳、29歳、39歳の三姉妹が人生の節目で生きる道を模索するヒューマンラブストーリーですが原作ネタバレとは?9ナインボーダー原作あらすじネタバレ脚本家などご紹介!松下洸平演じるコウタロウは記憶喪失で秘密とは?

目次

【9ナインボーダー】原作ネタバレや脚本家は誰?

原作ネタバレ

「9ボーダー(ナインボーダー)」は、原作のない脚本家のオリジナルストーリーです。

このドラマは、19歳、29歳、39歳の各年代のラストイヤーを『9ボーダー』と名付け、年齢を重ねていくと誰もが直面する『大台』の年齢への期待と不安に、モヤモヤや焦りを抱えながら、幸せになりたいともがきながら人生を前向きに進んでいく3姉妹の姿を描いたヒューマンラブストーリーです。

10代、20代、30代・・・年齢を重ねていくと誰もが直面する「大台」の年齢への期待と不安。特に女性の人生には、就職、恋愛、結婚、出産、育児など、課題が次々と訪れ、何かと制約やタイムリミットが設定されてしまいがち。本作は、19歳、29歳、39歳と、いわゆる「大台」を迎える前のラストイヤー=「9ボーダー」真っ只中の3姉妹が、父の突然の失踪を機に一つ屋根の下に集結。「LOVE」「LIFE」「LIMIT」の“3L”をテーマに、モヤモヤや焦りを抱え幸せになりたいともがきながら人生を前向きに進んでいく姿を、完全オリジナルで描くヒューマンラブストーリーだ。

引用元:公式サイト

自分が仕事に一生懸命だった間に周囲は結婚や出産をしていて、漠然として不安を抱える29歳の次女・七苗(川口春奈)。

フリーカメラマンと結婚し家計を支えるべく公認会計士に転身するも、夫の浮気が原因で4年もの間別居生活を送る39歳の長女・六月(木南晴夏)。

やりたいことがなく、目標を持って人生を歩む同級生たちを見て焦りを募らせながらも、彼氏から交際0日婚を申し込まれる19歳の三女・八海(畑芽育)。

3姉妹がそれぞれの年齢特有の悩みや焦りを抱える姿に共感すること間違いなしです!

そんな3姉妹の3L(LOVE/LIFE/LIMIT)に関わる相手役には、松下洸平さん、木戸大聖さん、井之脇海さんが出演します!

6人がそれぞれどんな恋愛模様を描いていくのか、キュンな展開にも注目です♪

以下では、そんな「9ボーダー」の脚本家についてご紹介します。

脚本家

「9ナインボーダー」の脚本家は、金子ありささんです。

1995年、22歳の時にフジテレビヤングシナリオ大賞で大賞を受賞し、翌年脚本家デビュー。

脚本を手がけたドラマ「ナースのお仕事3」や、映画「電車男」が大ヒットし、一躍人気脚本家として注目を集めます。

以降、「がんばっていきまっしょい」や「サプリ」、「パパドル!」、大河ドラマ「花燃ゆ」、「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」、「FINAL CUT」、「中学聖日記」、映画「ヘルタースケルター」、「羊と鋼の森」など多くの作品を手掛けています。

最近では、「恋はつづくよどこまでも」や「ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と」、「TANGタング」などヒット作を多く担当しています♪

そんな金子さんが「着飾る恋には理由があって」以来、3年ぶりに川口春奈さんとタッグを組み、人生の節目を迎える女性たちの悩みに寄り添った物語を生み出します(≧∀≦)

【9ナインボーダー】松下洸平演じるコウタロウは記憶喪失で秘密とは何か考察!

ドラマ「9ボーダー」で29歳の主人公・大庭七苗(おおば・なな)の恋の相手になる?かもしれない松下洸平さん演じる謎の男・コウタロウ。

公式サイトによると、なにやらキーパーソンとのこと。

コウタロウは物語を大きく動かしていく“キーパーソン”だ。

引用元:https://www.tbs.co.jp/9border_tbs/about/

物語を大きく動かすと言うのは気になります。

また人物紹介を見ると

コウタロウ

“ある事情”を抱えており、バルに住み込みで働いている。

引用元:https://www.tbs.co.jp/9border_tbs/chart/

「ある事情」を抱えているとのこと。ある事情とは?

予告動画では「僕のこと知ってますか?」と言っているコウタロウ。

もしかして・・・まさかの記憶喪失!?

一体どんな事情を抱えていて、キーパーソンだというコウタロウ。

OA後、予想通り、記憶喪失であったことが判明。

そしてコウタロウがある秘密を抱えていて、後に判明することもわかりました。

今わかっていることは

・目撃証言から誰かと争っていた、怒っていたらしい

・1億円以上の預金残高が書かれた明細書を持っていた

一体どんな秘密なのでしょうか?

ツイッターでも早くもいろいろな考察が。

前科・犯罪歴がある

個人的に最初に思い付いたのが、犯罪歴がある、悪い怖い人!?という予想。

でもドラマの雰囲気的に、怖いキャラクターだったということはない気がします。

イケメンで女性が気になる存在ということで、結婚詐欺師だったらありそうな気がしました。

既婚者

公式の相関図でもコウタロウ(松下洸平)と大庭七苗(川口春奈)はお互いにひかれあう・・・と書いてあったので、恋愛関係になる可能性も。

その後に、実は既婚者だったことがわかったらショックな展開ですね。

いなくなった父親と関係がある

また七苗たちのいなくなってしまった父親も気になります。母親も離婚して出て行ってしまったと言う3姉妹。

3姉妹の父親や母親など家族と関係がある可能性がある?

もしかして兄弟だった!なんて驚きの秘密かもしれません。

【9ナインボーダー】あらすじネタバレ

1話あらすじネタバレ

飲食業のトータルプロデュース会社で働く29歳の大庭七苗(川口春奈)は、最年少でブランド戦略部の副部長に抜擢された、仕事ができるしっかり者。しかしキャリアアップによって雑務が増え、大好きだったクリエイティブな仕事が遠ざかり、こんなはずではなかったと思うこともしばしば。しかも仕事に打ち込むあまり恋愛からも遠ざかっており、気づけば周りがみんな結婚し家庭を持つ状況に、なんとも言えないやりきれなさを抱えていた。

そんなある日、実家で銭湯を営む七苗の父が突如失踪する。それを機に、夫と4年もの間別居生活を送る39歳の長女・六月(木南晴夏)と、高校卒業後、浪人生といいながらダラダラと目標もなく過ごしている19歳の三女・八海(畑芽育)、そして29歳の七苗という大台目前の3姉妹が一つ屋根の下に集結。父の行き先に思いを巡らせる。

そんな中、七苗はバルで働くコウタロウ(松下洸平)に出会う。ある事情を抱えているコウタロウを最初は不思議に思う七苗だったが、次第に心惹かれていき・・・。一方、八海はマッチングアプリで出会ったエリート商社マンから交際0日婚を申し込まれるも、高校時代から片思いをしている七苗の幼馴染・陽太(木戸大聖)への想いを捨てきれず、返答を遅らせる。しかし陽太が想いを寄せているのは七苗で・・・やがて三角関係の恋に発展していく。六月は夫との別居生活を解消したいと思いながらも、なかなか行動に移せずにいた。そんな中、六月が勤める会計事務所に新人公認会計士・松嶋(井之脇海)がやってきて、日常が一変する。

“モヤり”“焦り”ながらも恋に仕事に立ち向かう3姉妹の、波乱の日々が幕を開ける!

引用元:公式サイト

◆29歳の大庭七苗の苦悩

七苗が若くして管理職に抜擢され、仕事では優秀でしたが、面倒な若手社員からは「ホワイトパワハラ」で訴えられ、上からも下からも責められる苦しい立場に。

またプライベートでは恋人はいないものの、気持ちが残っていた元カレが結婚して妊娠した妻と一緒にいるところに遭遇。見栄を張って「結婚するかもしれない彼氏いる」ふりをします(^^;

年齢的に周囲が結婚をしていて焦っているものの、相手は見つからず孤独を感じています。しかし周囲には「充実している」とやはり見栄を張る七苗でした。

◆19歳の三女・八海は幼馴染・陽太への思いに悩む

19歳の三女・八海は、マッチングアプリで出会ってわずかのエリート商社マンの立花から交際0日婚を申し込まれます。海外への赴任が決まったと言うことで、結婚を急いでいて「なぜ自分なのか?」と言う八海に「若いから」と返した立花に苦笑いの八海。

そんな八海は、幼馴染の陽太(木戸大聖)に思いを寄せていましたが、陽太が好きなのは、七苗(川口春奈)。しかし七苗は陽太の気持ちに気づいていないという三角関係が初回から判明。

八海は、七苗が見栄を張って恋人がいると嘘をついて出席したパーティーで恥をかきそうになり、それを陽太(木戸大聖)かばっているのをみて、七苗に嫉妬するのでした。

◆39歳の長女・六月が離婚!?

39歳の長女・六月はずっと別居していた夫・邦夫(山中聡)とやり直そうと決意した矢先、浮気相手と一緒になりたいからと離婚を切り出されます。

浮気相手は別居前にその関係を疑った時、全否定したアシスタントの自称サバサバ系女。嘘をつかれていたと怒る六月は、2人を幸せにしないために、絶対に離婚しないと

妹たちに宣言して呆れられます。

一方で、夫に思いがあったことから、大きなショックを受けていたのでした。

そんな中、六月が勤める会計事務所の面接にやってきた新人公認会計士・松嶋(井之脇海)を採用することになります。

七苗が謎の男・コウタロウと出会う

七苗は路上で弾き語りをしていたコウタロウと出会います。バルで働くコウタロウは、なんと記憶喪失。「コウタロウ」という名前も(仮)状態でした。

姉妹で喧嘩をした後、落ち込んで街を歩いていた七苗は、コウタロウと遭遇し、一緒にお花見デートをすることに。

お花見ができる観光バスに乗った2人。そして七苗は29歳という年齢なのに、自分がどうしたいのかわからない、寂しいと弱音を吐きながら涙を流します。しかし・・・眠ってしまっていたコウタロウ(^^;

その後、バスから降りて、歩いてお花見デートをする2人。

落ち込んでいた七苗も笑顔に。

「俺はわかるよ。歌を聞いてくれた。雨の時、傘を貸してくれた。一緒にサクラを見てくれた。大丈夫。素敵な人だから、幸せになれるよ、きっと。」と言うコウタロウに

「なれるかな。好きな人もいないのに」と言う七苗。

するとコウタロウは「じゃあ、俺のこと、好きになっていいよ。俺もきっと君を好きになる」と言うのでした。

しかしラストでは「でもこの時は思いも寄らなかった。まさか彼にあんな秘密があったなんて」と言う七苗の意味深なナレーションで終わりました。

2話あらすじネタバレ

「俺のこと、好きになっていいよ」と言われて以来、コウタロウ(松下洸平)のことが気になる七苗(川口春奈)。そんな中、記憶を失っているコウタロウに突如過去の記憶の断片が舞い降りてくる。その内容に動揺するコウタロウのために、身元を明らかにするべく七苗が動き出す。

一方、夫・邦夫(山中聡)から離婚を切り出されるも受け入れられない六月(木南晴夏)。そこに、痺れを切らした邦夫が職場を訪ねてくる。そんな六月を心配する松嶋(井之脇海)は・・・。

そして、立花(兵頭功海)からプロポーズの返事を急かされ悩む八海(畑芽育)は、訪れた占いの館で“あるアドバイス”を受ける。そんな中、立花が結婚の挨拶に大庭家を訪れ、そこに陽太(木戸大聖)が立ち会うことに・・・。

引用元:https://www.tbs.co.jp/9border_tbs/story/

以下の記事で、2話のあらすじネタバレ感想をまとめています!

ナインボーダー2話ネタバレ感想!松下洸平沼加速の呼び捨てキュンシーン!

あわせて読みたい
ナインボーダー2話ネタバレ感想!松下洸平沼加速の呼び捨てキュンシーン! 2024年4月26日に放送の川口春奈さん主演TBS金曜ドラマ「9ナインボーダー」2話のあらすじネタバレ感想をご紹介します!「9ナインボーダー」2話ネタバレと感想は松下洸平...

3話あらすじネタバレ

コウタロウ(松下洸平)との恋に浮かれる自分にブレーキをかけたい七苗(川口春奈)は、大庭家に集まる面々にそのことを相談する。まだ29歳、踏みとどまる必要はないと背中を押す六月(木南晴夏)。しかし複雑な思いを抱える陽太(木戸大聖)は、七苗が席を外した隙に六月や八海(畑芽育)たちだけに、コウタロウの私物に紛れていた1億円以上の預金残高が書かれた明細書のことを打ち明ける。

そんな中、いまだ離婚を先延ばしにする六月の前に、邦夫(山中聡)の浮気相手・萌香(さとうほなみ)が現れる。
一方、七苗は有名パティシエとの新プロジェクトに携わることになったが・・・。
さらに、警察からコウタロウに「家族が見つかったかもしれない」との一報が入る。

引用元:https://www.tbs.co.jp/9border_tbs/story/

実家にやってきたのは、邦夫(山中聡)の浮気相手・萌香(さとうほなみ)。

萌香は離婚届を六月(木南晴夏)に出して、離婚してほしいと言いますが、拒否する六月。

ある程度のお金(慰謝料)も用意していると言う萌香。

2人は邦夫をめぐって口論になる修羅場。しかしそこにコウタロウが「あの~」と控えめに割って入ります。

「知り合いの話だと、ある程度でなくて・・・」とかなり高額のお金がかかるらしいと言うコウタロウに、萌香のそれまでの勢いが止まり、帰っていくのでした。

そんな中、警察からコウタロウに「家族が見つかったかもしれない」との連絡が入り、七苗に「息子がいるらしい」と言います。ショックを受けながらも、平静を保って「北海道に会いに行ってくる」と言うコウタロウに「連絡して」と連絡先を渡して送りだす七苗でした。

一方、絶対に離婚しないと決意をしていた六月。七苗たちには、浮気をするような男とはすっぱり別れた方が良いと言われますが泣きながら「好きだから」と気持ちを正直に話すのでした。

その後、六月は邦夫(山中聡)と浮気相手の萌香が一緒に働く写真スタジオに出向きます。

そこでは、邦夫が、お客である子供たち前で、自分には見せたことがない笑顔をしていました。

六月は、クールに子供を作るつもりはないと言っていた邦夫がすっかり、柔らかい表情をするように変わったのを見て、ショックを受ける六月。

離婚をする決意をするのでした。

北海道へ旅立ったコウタロウから、一向に連絡が来ないことに不安が募る七苗。そんな中、七苗が関わっていた新プロジェクトで、後輩の西尾の失礼な言動でパティシエを怒らせてしまい、企画が中止になる危機に陥ります。

七苗が誠意をもって、パティシエに何度も謝罪しようと思っていた矢先、西尾は料理研究家のリュウジに、なんとSNSのダイレクトメッセージでオファーして、仕事を受けてもらえることに。

自分たちには、思いつかない発想にショックを受ける七苗の中で何かがはじけます。

30歳を目前にした七苗は、上司の元に行き「新しい環境で挑戦したい」といきなり退職を宣言。後輩が育っているから、自分が辞めても大丈夫だと笑顔で答えるのでした。

その後、実家の銭湯を掃除している七苗の前にコウタロウが「ただいま」と戻ってきます。七苗はコウタロウを抱きしめなぜ連絡をくれなかったのか?と聞くと、申し訳なさそうに、七苗からもらった連絡先のメモを間違って洗濯してしまったと答え、安心する七苗。

コウタロウが北海道で会った人たちは家族ではなかったと言い、買ってきたお土産について話し始める。そんなコウタロウを見て七苗は泣きながらも笑顔で「おかえり」と言います。すると、コウタロウはそんな七苗にキスをするのでした。

4話あらすじネタバレ

会社を辞める宣言をした七苗(川口春奈)は、有給消化で気ままな生活を満喫中。

不意のキス以来、コウタロウ(松下洸平)への自分の気持ちを確信し、前向きに2人の関係を考える七苗だったが、コウタロウには何か思うところがあるようで…。

一方、八海(畑芽育)は七苗とコウタロウのキスを偶然目撃してショックを受ける陽太(木戸大聖)を前に、より一層切なさを募らせていた。

さらに、ようやく邦夫(山中聡)との離婚届に判を押した六月(木南晴夏)は、最後に邦夫と話したいと思うも、その最後の一歩をなかなか踏み出せずにいて……。その様子を見守ることしかできず悩む松嶋(井之脇海)。

そんな中、失踪中の大庭家の父・五郎から一枚のハガキが届く。

引用元:https://www.tbs.co.jp/9border_tbs/story/

以下の記事で、4話のあらすじネタバレ感想をまとめています!

ナインボーダー4話ネタバレ考察!最後の謎の少年は誰か正体とキャストも

5話あらすじネタバレ

おおば湯を本格的に立て直すべく、いろいろな銭湯に通って研究を始めた七苗(川口春奈)。コウタロウ(松下洸平)とも思いが通じ合い、満ち足りた日々を過ごしていた。

その頃、離婚が成立した六月(木南晴夏)が家を引き払って実家に戻ってくる。さらに、あつ子(YOU)とコウタロウが住んでいるマンションが水漏れの被害に遭い、修理の間七苗とコウタロウが同居することに・・・!

そんな中、あつ子から招待券をプレゼントされた八海(畑芽育)は、陽太(木戸大聖)への気持ちを伝えようと、アミューズメントパークへ出かけることにするが…。

引用元:引用サイト

以下の記事で、5話のあらすじネタバレ感想をまとめています!

ナインボーダー5話ネタバレ感想!お父さんが高橋克実で今後が楽しみ!

6話あらすじネタバレ

失踪していた父・五郎(高橋克実)が、謎の少年(齋藤潤)と共に帰ってきた。経営難のおおば湯をなんとかするために全国の銭湯を巡ってヒントを探していた五郎は、旅先で出会った銭湯に興味があるという少年をおおば湯で働かせたいと思い、連れて帰ってきたのだという。

五郎のマイペースさに苛立ちながらも、少年を迎え入れる七苗(川口春奈)たち。

しかしその少年は何か訳ありの様子で、頑なに心を閉ざしていた。

そんな中、五郎は七苗たちが進める「おおば湯リニューアル計画」に難色を示して・・・。

引用元:公式サイト

【9ナインボーダー】キャスト

キャスト相関図引用元:公式サイト

大庭七苗(おおば なな)〈29〉:川口春奈

大庭家の次女。しっかり者の29歳。母がいないこともあり幼い頃から家を切り盛りしてきた。役職に最年少で抜擢されるなど仕事は順調だが、恋愛からは遠のいている。

コメント

――木南さん、畑さんとは今回が初共演ということですが、それぞれの印象をお聞かせください。
木南さんは思っていたイメージそのままな方でした。すごくカラっとしてかっこいい女性というか、お姉ちゃんぽいというか。こんなお姉ちゃんがいたらいいなっていうような、すごく頼りがいのあるハンサムな印象です。
畑さんは初めてお会いしましたが、小柄で可愛らしい感じだけど、肝が据わっている印象があります。目がとっても綺麗なので、畑さんの美しい瞳が見どころのひとつかもしれません。

――今年で29歳になり「9ボーダー」となりますが、どんな心境ですか?
年齢に焦ったりすることはあまりないんですけど、19歳も29歳も大きな節目の年にはなると思います。今回私が演じる七苗というキャラクターも、年齢に対して何にも思わないわけではないというか、あまり気にせず仕事をしたりしているけど30歳が迫ってきて。20代も終わっちゃうんだっていう何ともいえない気持ちはあるな、ぐらいで。あと、周りの友達とか環境もライフステージが変わったりしていろんな変化がある中で、感慨深いなっていう感じではありますね。

――ドラマへの意気込み、視聴者へメッセージをお願いします。
私は29歳で3姉妹の次女・七苗を演じさせていただきます。不思議だけど、すごくコミカルな楽しい家族だなと思っています。そして、仕事に恋に家族になんだかこれでいいのかなと悩みながら、もがきながら一生懸命演じさせていただきたいなと思います。特に女性の方には、心に響くような元気をもらえるメッセージを少しでも受け取っていただければなと思います。

引用元:公式サイト

成澤六月(なるさわ むつき)〈39〉:木南晴夏

大庭家の長女。いつも明るく猪突猛進な39歳。海外で出会ったフリーカメラマンと結婚したものの、夫の浮気が原因で別居中。

コメント

――川口さん、畑さんとは今回が初共演ということですが、それぞれの印象をお聞かせください。
川口さんとはすごく昔に同じドラマに出ていたことがあって。一緒のシーンはなかったと思いますが、そのとき川口さんは高校生ぐらいだったから、大人になったなという印象です。
畑さんとは初めましてでしたが、可愛らしいけどしっかりしていそうだなと感じました。

――今年で39歳を迎え「9ボーダー」となりますが、どんな心境ですか?
私は29歳のとき、年代がひとつ上がるっていうことを大きく考えたくないがゆえに、28歳ぐらいから30歳のつもりで生きていました。予行演習みたいな感じで。いきなり明日が「30歳です!」って言われるより、2年ぐらい準備しておけばそのボーダーラインを超える勢いがつきそうな気がして。特に何をするってわけじゃないんですけど、今も40代に向けて準備している感じの気持ちはあります。準備が必要なくらい、ラインは感じている気がします。

――ドラマへの意気込み、視聴者へメッセージをお願いします。
私は3姉妹の長女・六月を演じさせていただきます。10歳ずつ歳の差がある姉妹はなかなか珍しいと思いますが、これから仲を深めて姉妹感を出していけたらいいなと思っております。そして、六月は本当に想像しがたい展開がありますが、頑張って演じていきたいと思います。

大庭八海(おおば はつみ)〈19〉:畑芽育

大庭家の三女。どこか低体温の19歳。夢も特になく、今は浪人生という名目で実家に居座っている。

コメント

――川口さん、木南さんとは今回が初共演ということですが、それぞれの印象をお聞かせください。
役柄同様歳は少し離れていますが、お二方ともとても気さくでユーモアに溢れていて、親しみやすい空気を作ってくださったので、すぐ打ち解けられました。
川口さんは、公式YouTubeチャンネルもよく拝見しているのですが、実際にお会いして美しさとオーラに圧倒されつつも、動画を見て抱いていた印象と変わらないおおらかで飾らない方で、とても頼り甲斐のある先輩だなと感じました。
木南さんは、大好きなシリーズ作品にずっと出演されていたので、いちファンとしてお会いできてうれしかったです。特に木南さんのテンポ感あふれるお芝居が大好きなので、これから一緒にお芝居できることがすごく光栄です。

――19歳のときに「9ボーダー」を経験されていますが、振り返ってみていかがでしたか?
小さい頃から仕事をしてきて、どのタイミングで子役から俳優という肩書きに変わるのだろうという悩みを、19歳の頃に抱えていました。
20歳になったら周りの役者さんたちに仲間入りできるような気がしていたので、早く20代になりたいという気持ちと、19歳という10代特有の気持ちが、せめぎ合っていたような思い出があります。そういった部分は、今回演じる八海に通ずるものもあるのかもしれません。

――ドラマへの意気込み、視聴者へメッセージをお願いします。
新井プロデューサー、ふくだ監督をはじめとした最高のスタッフの皆さん、そして尊敬する川口さんや木南さんと共に、かわいらしくあたたかい作品をお届けできることが楽しみです。
19歳は、私自身も人生の岐路に立ってすごく悩んだ年齢でもありました。そのときの自分を思い返しながら、大切に八海を演じさせていただきます。ぜひご覧ください!

コウタロウ:松下洸平

“ある事情”を抱えており、バルに住み込みで働いている。

コメント

――井之脇さん、木戸さんとは今回が初共演ということですが、それぞれの印象をお聞かせください。
井之脇さんとは時々テレビ局ですれ違ったり、以前ご飯屋さんで偶然お会いして、ご挨拶させていただいたことがありました。
木戸さんとは初めてお会いしましたが、もうさわやか! という感じでキラッキラしていますね! 今回ご一緒するのが本当に楽しみです。

――「9ボーダー」のとき、どんなことを思っていましたか?
29歳のときのことはすごくよく覚えています。もうすぐ30歳になることよりも、その先の30代をどう生きるかということを考えていました。でも、20代の頃に細々と悩んでいたことが、30歳になったときに、「なんかもうなるようにしかなんないな」って何か吹っ切れた記憶があります。そこからは開き直れたからこそできたこととか出会えた人もいて、少しずつ自分自身が変わって僕はすごく良かったと思っています。

――ドラマへの意気込み、視聴者へメッセージをお願いします。
台本を読ませていただきましたが、すごくわかりみが深いセリフや感情がたくさん詰まったドラマだなと思いました。僕ら3人も3姉妹にどう絡んでいくのか、そして支え支えられながら、一生懸命素敵なドラマにしていきたいと思っています。ぜひ4月からご覧ください!

松嶋朔(まつしま さく):井之脇海

新人公認会計士。大学卒業後は気ままに世界各国を旅してきたが、六月が所長を務める会計事務所にやってくる。

コメント

――松下さん、木戸さんとは今回が初共演ということですが、それぞれの印象をお聞かせください。
松下さんとはテレビ局ですれ違ったり、出演作品や舞台を拝見していて、活躍ぶりをたくさん見ていたので、今回ご一緒するのが楽しみです。
木戸さんは今まで出演されていた作品のイメージが強く、僕よりお若い方なのかなと思っていましたが、実際は1歳違いだということが判明してびっくりしました。役でいろんな顔を見せられる方という印象なので、一緒にお芝居するのが楽しみです。

――「9ボーダー」のとき、どんなことを思っていましたか?
僕が19歳の頃は20歳で成人だったので成人目前で。高校を卒業して2年経つぐらいで自分としてはもう大人なのに、法律的には大人じゃないことへのもどかしさはすごく感じていました。耐える19歳というイメージでしたね。

――ドラマへの意気込み、視聴者へメッセージをお願いします。
春スタートということで、新学期を迎えたり就職をしたり、新しい期が始まる変わり目のタイミングだと思います。19歳、29歳、その先を経験された方にもこれから経験される方にも、3姉妹と男性3人の誰かしらに共感してもらえるようなドラマになるはずですし、なるように頑張るので、ぜひ楽しんで観ていただけたらなと思います。

高木陽太(たかぎ ようた):木戸大聖

「おおば湯」の近所の「高木酒店」の息子。父の跡を継いでお店を経営している。七苗とは同い年で幼馴染。

コメント

――松下さん、井之脇さんとは今回が初共演ということですが、それぞれの印象をお聞かせください。
僕はお二方のドラマを一視聴者として拝見していたので、今回のドラマで共演できることがすごく楽しみです。

――「9ボーダー」のとき、どんなことを思っていましたか?
すごく当たり前のことですが、10の位の数字が変わるんだっていう衝撃はありました(笑)。20歳になったら20代って言わなければいけないから、大人にならなきゃなっていう気持ちでした。あと、10代の頃に駅伝大会の中継を見ながら「20代の方ってすごく大人だな」と思っていましたが、気づいたら自分もその歳になっていて。自分はそんな大人になれているのかなというのはすごく感じました。

――ドラマへの意気込み、視聴者へメッセージをお願いします。
いろんな世代の登場人物が出てくるので、多くの方に共感できる部分があると思います。陽太役として精一杯演じ、明るいドラマを届けられたらいいなと思っていますので、ぜひご覧ください!

辻本あつ子(つじもと あつこ):YOU

気さくで快活なバルの店主。“ある事情”を抱えたコウタロウを住み込みで店に雇い入れる。

コメント

新井順子プロデューサーの作品では、『リバース』に参加させていただき、今回、7年ぶりの『9ボーダー』にお声を掛けていただけました。(川口)春奈ちゃんとはプライベートでお会いする機会があり・・・きっといっぱい活躍していて、すごく忙しいだろうなと勝手に「頑張れ!」って思いながら見ていたら、ドラマで共演できることを知ってとてもうれしかったです。 (自身の)9ボーダーを振り返ると、私は特に年齢を使うことがなかったので、いわゆる大台に乗るみたいな感覚が他の人よりは少なかったのかなと思います。なので、良くも悪くも年齢的なボーダーをあまり意識せずに生きてきたんだなと台本を読んで思いましたね。
『9ボーダー』は、どの世代の方にも楽しんでいただける作品になっていると思うので、ぜひたくさんの方に観ていただきたいです!

梅津剣(うめづ けん):伊藤俊介(オズワルド)

「おおば湯」のアルバイト。通称ウメケン。絵師の傍ら、バイトをして生計を立てている。

コメント

お笑いの世界とは畑の違うドラマの世界に飛び込ませていただくので、邪魔にだけはならないように、とにかく監督に言われた通り従順に“ウメケン”を演じたいです。それに、役者は妹(女優・伊藤沙莉)の畑ですから「あいつのお兄ちゃん全然使えなかったな!」なんて言われないように、とにかく迷惑だけはかけないように頑張りたいです!
僕の9ボーダーを振り返ると、29歳は焦りがありましたね。20代でバイトしながら芸人をやっていると「頑張れ!」って周りは言ってくれるけど、30歳になると突然「いつまでやるの?」に変わってくるんですよ。周りの言葉が刷り込まれて、自分の言葉になってしまうのが怖かったですね。でも『M-1』がきっかけで29歳はバイトをしていた最後の年齢になり、見事に人生が変わった年齢になりました。
芸人からしたら、ドラマに出るってこと自体がご褒美仕事じゃないですか!だから、いい思い出にするためにもウメケンを精一杯演じます!

西尾双葉(にしお ふたば):箭内夢菜

七苗の後輩。入社4年目の今どきな若者。仕事のオン・オフはきっちりしている。

コメント

『マイ・セカンド・アオハル』ではギャルで大学生の役でしたが、今回はZ世代の社会人役と全く違う役柄で、ずっと挑戦してみたかった役どころを演じさせていただくこととなり、とてもうれしいです。
川口春奈さんと共演させていただくのは初めてで、お会いしたときはとても緊張したのですが、撮影の合間に話しかけてくださるなど、優しくてかっこよくて・・・本当に先輩にこんな素敵な人がいたらいいなぁと思います!
(私の)9ボーダーを振り返ると、19歳の頃は20代がとにかく楽しみでワクワクしていました。一気にできることも増えるので、“大人”に憧れていました! その反面、「19歳まではまだまだ子どもだ!」と、ここぞとばかりに甘えていました。でも、今となっては将来についてあまり深く考えず、フワッとした毎日を過ごしていた年齢だったなと思います。
視聴者の皆様にとって金曜日が楽しみになるように、私自身も丁寧に演じさせていただきたいと思います。

立花祐輔(たちばな ゆうすけ):兵頭

大手商社に勤めるエリート。マッチングアプリで出会って間もない八海に“交際0日婚”を申し込む。

コメント

『下剋上球児』が終わり、「また絶対、新井順子プロデューサーの作品に戻ってこられるように頑張りたい!」とマネージャーさんと話していたところに今回のお話をいただき、うれしさと驚きが止まりませんでした。とにかく飛び跳ねるくらい、本当にうれしかったです!
僕の9ボーダーを振り返ると、19歳のときはなんの当てもなく上京して、今の会社のオーディションを受けるなど、色々と転機の年でした・・・。自分の思ったことはすぐ行動に移す、真っ直ぐな19歳でした。もしかしたら“自分がこう思ったから進む”という、立花が持つ真っ直ぐさと似ていたかもしれません。
“交際0日婚”を申し込む立花役は、(台本を)読んでいるときは難しそうと思っていましたが、いざお芝居をしてみると「あれ? これはもしかしたら“交際0日婚”は僕にとって縁があるのかもしれない」と思いました。わかる人にはわかるかと(笑)。
『下剋上球児』の根室役との振り幅も楽しんでもらえればいいなと思います!

まとめ

今回はドラマ「9ボーダー」の原作あらすじや脚本家、キャストについてご紹介しました。

「9ボーダー」に原作はなく、「着飾る恋には理由があって」の金子ありささん脚本のオリジナルストーリーです。

主演は川口春奈さんで、木南晴夏さん、畑芽育さん、松下洸平さん、木戸大聖さん、井之脇海さんらメインキャストに加え、YOUさんやオズワルドの伊藤さん、兵頭功海さんなど個性豊かなキャスト陣が勢揃い!

3姉妹がそれぞれの悩みにどう向き合い自分の道を探していくのか?そしてどんな恋愛ドラマが生まれるのか?

「9ボーダー」初回は2024年4月19日・TBS系列にてスタートです!お楽しみに♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次