MENU

アンチヒーロー3話ネタバレ考察とキャスト!悪い奴に制裁するから緋山はやってない?

#ad #PR #スポンサー

2024年4月28日放送の長谷川博己さん主演のTBS日曜劇場ドラマ「アンチヒーロー」3話のあらすじネタバレと結末・感想をご紹介します!「アンチヒーロー」3話のネタバレ考察と【三話】のゲストキャストも合わせてまとめてみました!

目次

アンチヒーロー3話あらすじネタバレ!議員の息子の弁護の大どんでん返しの顛末とは?

明墨(長谷川博己)が弁護するのは、政治家の息子の暴力事件。担当検事は緑川(木村佳乃)。権力への忖度、司法の膿を“アンチな弁護士”明墨が斬る!

この男の真の目的は一体…?

引用元:公式サイト

今回明墨(長谷川博己)たちが弁護するのは、政治家の息子の富田正一郎(田島亮)です。

アンチヒーロー富田正一郎【政治家の息子】は田島亮で元「田島優成」

暴行事件を起こし起訴されたようですが、果たして今回も明墨は犯罪者を無罪にしてしまうのでしょうか?

気になる第3話のストーリーを以降でネタバレ紹介していきます!

有名議員の息子・富田正一郎が容疑者の傷害事件

事務所にやってきた赤峰(北村匠海)は、次に弁護することになる被告人の資料を見ています。

その名前は富田正一郎で、何やら聞き覚えのある名前のようで、いつも手にしているノートを見つめていました。

その頃、明墨は紗耶(近藤華)とともに犬の散歩をしていました。

彼らの様子をこっそり撮影している紫ノ宮(堀田真由)。

そして法廷。今回の担当検事は緑川(木村佳乃)で、被告人は傷害事件を起こした富田正一郎です。

現場は品川区のクラブ近くの路地。

被害者の工藤は店を出た後に何者かによって背後から突き飛ばされて暴行を受けた。

加害者の男は黒いパーカーをかぶり顔を隠していたが、工藤は気を失う直前に正一郎の顔を見ていたと証言。

今回起訴に至った理由は、被害者本人の目撃証言、さらに二人の間で激しい口論があったこと。

そして被告人と被害者の間には過去にも同様のトラブルが有った。

さらに第1発見者・山野辺が、被害者を見つける前に、その場を去っていく正一郎の姿を目撃したためでした。

緑川の主張を受けて、明墨は被告人・正一郎の無罪を主張。

口論はあったものの、暴行はしていない。

事件発生時、正一郎は車で迎えに来ていた友人・木田からの電話を受けて店を出て大通りに向かった。

そして路肩に止まった車に乗って木田の自宅に向かったという。

本日の裁判はここまでで、それぞれの反対尋問は後日行われることになりました。

検事正の伊達原(野村萬斎)は、有名議員・富田(山崎銀之丞)の息子・正一郎の事件で世間は大騒ぎだろうと緑川に言います。

弁護士側の明墨のことを心配する伊達原に、緑川は「富田正一郎は確実に罪を犯している。それに明墨弁護士のやっていることは納得いっていない」と言います。

「人殺しを無罪にするなんて、そんなこと絶対に有っちゃいけないよね」

伊達原のその言葉に「はい」と答える緑川。

赤峰が弁護する容疑者と関係?

その頃、コンビニでパンを買っている赤峰は、レジの店員・松永(細田善彦)のことを気にしていました。

赤峰は松永に声を掛けますが、無視されてしまいます。

翌日、明墨、赤峰、紫ノ宮は傷害の現場を見に来ていました。

赤峰は正一郎側の弁護士にも関わらず、正一郎が暴行したと疑っている様子。

そしてクラブの店長から話を聞きます。

被害者の工藤は、他の客ともトラブルが絶えなかったと言う。

その後紫ノ宮が調べた結果、工藤は日常的に暴言を吐くことも多く、恨みを持っている人間が複数いる可能性が分かってきました。

赤峰は暴行現場を一人見に行き、正一郎が友人の車に乗ったとされる場所を見に行きます。

友人の車にはドライブレコーダーは付いておらず、正一郎が乗っていたことは証明できない。

赤峰の無罪を証明するような証拠が出てこない中、赤峰は紫ノ宮に尋ねます。

「この事件の真犯人、誰だと思いますか?」

明らかに正一郎がやったと思い込む赤峰。

しかし、明墨には何か考えがあるだろうから紫ノ宮はそれに従うと言うだけ。

法廷で見事に怪しい容疑者を有利にする明墨

そして二回目の裁判の日。

証人として呼ばれたのは被害者の工藤。

明墨は工藤がもめ事をたびたび起こしたことを突いていきます。

さらに加害者・正一郎の顔が見えたと言う工藤に、あたりが暗かったはずだと言う明墨。

すると工藤はライトが付いていたので見えたと言う。

そこで明墨は、そのライトについて事件現場で再現して撮ってきた映像を資料として見せます。

するとその映像には、ライトは存在せず、相手の顔は暗くてよく見えません。

工藤はライトが有ったはずだと言いますが、クラブの店長曰くセンサーライトは事件当夜故障していたと言う。

ちなみに再現映像の犯人役の男は何色のパーカーを着ていたのか?問うと、工藤は黒だと答えます。

しかし、映像のパーカーの男の色は赤だったのです!

人間の目は錯覚を引き起こすことも有る、下手したら無実の犯人を作り上げてしまうことも有ると明墨は主張するのでした。

犯罪者を無罪にする?赤峰の訴えの驚くべき理由

裁判を終え、事務所に戻ってきた明墨たち。

そこで赤峰は明墨にこう言います。

「先生はまた犯罪者を無罪にするんですか?」

赤峰はクラブの店長を買収した。事件当時ライトは正常に点灯していたと言います。

国会議員の富田が金を使って、有利な証言をさせたのでは?と明墨を追及。

車のドライブレコーダーも本当は有ったが外させた!

赤峰の主張を聞いた明墨は「弁護士らしい良い仮説ですが、その根拠は?」と問うと赤峰は驚くべきことを言います。

富田正一郎は以前にも同様の事件を起こしていた。

赤峰は前の事務所で、正一郎の傷害事件を担当していたのです。

しかしそのときも国会議員の父親が金で犯罪をもみ消していた。

代わりに捕まったのが松永と言う男。

そう赤峰がレジで見ていたあの人物です。

正一郎の父親は目撃した友人たちに金を渡して、口裏を合わさせて松永を犯人に仕立て上げていたのです。

結局、松永は懲役二年、執行猶予五年の有罪判決に。

正一郎が犯人だったにも関わらず、松永が犯人となってしまった。

赤峰は今回、富田正一郎の弁護をする目的は何なのかと改めて問います。

「君の主張は分かったが、それは根拠のない妄想。司法の世界では通用しない」

「国会議員の富田が金を渡した証拠は?根拠を持って証明できない限りそれは君のたわごとでしかない」

「松永さんが有罪になったのは、弁護人だった君の責任だよ!」

明墨は納得が行かないなら、この事件を降りても構わないと言いますが・・・

赤峰は「降りません。もし正一郎の罪が明らかな証拠が出ればどうなりますか?」と改めて尋ねます。

すると明墨は「面白い。正一郎さんが嘘をついていたとしたらそれはそれで私としてはありがたい。ただ・・・そんな証拠があればの話だが」と返したのです。

1人で暴走する赤峰が見つけた証拠・ドライブレコーダーの内容とは?

翌日、赤峰は傷害事件の目撃者がほかにいないか探し始めます。

目撃者は現れないものの、近くに止まっていた可能性がある車のドライブレコーダーに目を付けました。

一方、明墨は国会議員の富田と秘書と会っています。

「今回の件は問題ありません。ご子息はやっていないのですから」

それを聞き、君に頼んで正解だったよと満足げの富田。

「ただ、気がかりな点が。大したことではないのですが・・・」と明墨は言います。

翌日、近くの店の近くに止まっていた車のドライブレコーダーを見せてもらいに行く赤峰。

するとデータはすでに無く・・・なんと明墨がすでにそのデータを回収していたのです。

赤峰に問われて、映像を見せる明墨。

その映像には犯行時刻23時45分、その時間に友人の木田の車に乗った様子が映っていたのです。

このことから、正一郎が店から出て行ったという第一発見者・山野辺の証言が嘘だったことになると言う明墨。

山野辺も被害者工藤を快く思っていなかった。

正一郎を利用して犯人に仕立て上げ、実際は山野辺が暴行していた。

そして何食わぬ顔をして第一発見者になった。

これが私が描いたストーリーだと言い、この可能性を君は一瞬でも考えたか?と赤峰に問う明墨!

「その個人への恨みから検察が描いたアナザーストーリーを鵜呑みにして客観的事実を見逃し、その人間を有罪に持っていこうとする」

「君がやっていることは犯罪者と何も変わらないんだよ!!冤罪を生むのはそういう人間だぞ」

裁判で大どんでん返し!

そして三回目の裁判の日。

緑川検事は正一郎を車に乗せた木田に尋問をしています。

木田を11時45分の犯行時刻に乗せたことを間違いないと言う木田。

しかし緑川はある映像を出してきました。

それは近くに止まっていた車のドライブレコーダーの映像。

そこに映っていたのは先日明墨が赤峰に見せたのと同じもの。

しかし正一郎が車に乗ってきた時間は45分ではなく、48分だったのです。

木田に証言を偽証するように言われたのでは?と問う緑川。

その後さらなる証拠映像を出してきました。

それは、動画の提供元の社内の監視カメラ映像です。

そこには富田議員の秘書がドライブレコーダーの映像提供した場合謝礼を渡したいと申し出る様子が映っていました。

この映像が富田側が証拠の隠ぺいを依頼した確たる証拠となったのです。

裁判長から反論を問われた明墨は・・・

「映像を見てわが目を疑いました。まさか被告人が父親と示し合わせて罪を隠ぺいしようとしていたなんて。本件については場合によっては弁護人の辞任も検討させていただきます」

明墨が赤峰のために動画を加工?良い人なの?

裁判を終え、明墨は緑川に感謝を伝えて去っていきます。

赤峰は紫ノ宮にどういうことかと尋ねるます。

「昨日私たちが見せられた映像は加工された嘘の映像だった」

「どうして」という赤峰に、「あなたのためにそんなことまでするなんて」と言う紫ノ宮。

そして明墨の元には怒った富田議員から電話が入ります。

「あなたが息子の罪をもみ消そうとしたことが明らかになった。それだけです。」

「お前が言ったんだろ」と怒る富田議員。

実は、明墨は木田の車に正一郎が乗った姿が、別のドライブレコーダーに映っていたと伝えていたんです。

そして暗にドライブレコーダーを取り返すように動かしていた。

その様子を監視カメラに残していたのも、明墨の策略だったようです。

そして明墨は正一郎のもとに会いに行きました。

父親を心配する正一郎にこう言います。

「子は親を選べません。あなたの人生はあなたが選択していけばいいのです」

そして、正一郎は傷害への関与を認め、富田議員の証拠隠滅についても検察は追及することになりました。

それを報じるニュース映像を見て赤峰は言います。

「どうしても分からないんです。何故先生は僕に嘘の映像を見せたのか?」

するとパラリーガルの青山(林泰文)は教えれてくれました。

「松永さんの事件、私たちも傍聴席にいたんですよ」

それを聞いたパラリーガルの白木(大島優子)は「じゃあ敵討ちってこと?」と言います。

それに対して「どうですかね?ただ分かってほしかったんじゃないですか。個人的な思いで真実を見誤るなと」言う青山。

それを聞いた赤峰は明墨のもとに向かい、「正一郎がやったと決めつけていたのは弁護士としてあるまじき行為だった」と謝罪します。

そして松永の事件は諦めていない。正一郎の有罪証拠をつかみ再審に持ち込むと言う赤峰。

「それがうちの事務所に来た目的だろ?」

赤峰は正一郎の弁護を引き受けたと聞き、明墨の弁護士事務所に入っていたのでした。

納得できないことも有るが、ここで見極めていこうと思うという赤峰。

「先生がなんのために、犯罪者を無罪にするのか」

「言ったはずだ。自分の思う道を行けと・・・」

明墨は元検事だった!面会した謎の男の名前は「志水」

その後明墨が向かったのは、刑務所でした。

実は明墨はかつて検事をやっていたのです。

おそらくそのときに関わっていた相手に会いに来たのかも?

その相手は、第1話にも登場した緒形直人さん演じる謎の男。

男の名は志水と言うことが分かりました。

志水と対面する明墨。

「志水さん・・・ようやくお会い出来ました」

果たして二人の関係性とは?

アンチヒーロー3話の感想と反響!ラストの大どんでん返しに驚き!

無罪しない意外な展開に驚き!

2話までの流れから、やっている犯人をどうにか無実にする展開なのかな?と思ったのですが、まさかの悪徳議員に鉄槌を下すラストに驚きの声が!

赤峰のため動いた?明墨が良い人なのか?悪い人なのか?混乱!

しかも、赤峰のために、監視カメラ映像を修正するなど、赤峰に愛情をかけている!?と思われる言動をしていた明墨。

最初から赤峰が富田正一郎の弁護で前の事務所を辞めたことを知っていたのに、事務所に雇って、赤峰の納得のいく展開にしてあげた明墨。

本当は明墨は良い人なのか?実は赤峰を取り込んで味方につけて利用しようとしてたり・・・と何が本当で何が嘘なのか?

視聴者の気持ちが混乱!?の3話の驚きの展開でした。

アンチヒーロー3話の考察!悪い奴に制裁するから緋山はやってない?

3話のラストで登場した緒形直人さん演じる志水は、おそらくかつて明墨が検事時代に起訴した被告人だったのではないでしょうか?

そして結果は有罪。しかし実は冤罪だったことが後で発覚。

明墨はそのことを深く悔やみ、弁護士になりいつか志水の再審を起こそうとしているのでは?

さらに紗耶という女の子は、志水の娘で父親代わりに面倒を見ている可能性も考えられます。

次回第4話で、明墨の過去がもっと明らかになることを期待したいですね!

そして3話の展開を受けてこんな声があがっていました。

悪徳議員と息子に制裁を加えた明墨。と言うことは・・・岩田剛典さん演じる緋山は犯人じゃない!または、犯人だとしても悪徳ではなく、何か仕方ない理由で殺人を犯したのでは?と緋山の件は何だったのか?と改めて振り返ると考えてしまう展開でした。

アンチヒーロー3話のゲストキャスト

富田正一郎:田島亮

傷害事件の容疑者となった有名議員・富田誠司の息子

アンチヒーロー富田正一郎【政治家の息子】は田島亮で元「田島優成」

富田誠司:山崎銀之丞

有名政治家

工藤弘和:宮尾俊太郎

傷害事件の被害者

富田誠司の第一公設秘書・小杉和昭役 渡辺邦斗

三上店長 小栗基裕(s**t kingz)


以下の記事も合わせてご覧ください!

あわせて読みたい
アンチヒーローさや役【紗耶】は近藤華!緒方直人演じる囚人の娘? TBS日曜劇場「アンチヒーロー」で近藤華さん演じる紗耶【さや】が主人公・明墨正樹の娘なのか?話題です。ドラマ「アンチヒーロー」の紗耶役役のキャストの近藤華さんに...

アンチヒーローさや役【紗耶】は近藤華!緒方直人演じる囚人の娘?

あわせて読みたい
アンチヒーローの犬【ミル】犬種はゴールデンレトリバー!ライズのかわいい画像も! 長谷川博己さん主演TBS日曜劇場「アンチヒーロー」には、主人公の弁護士が飼っている愛犬【ミル】がかわいいと話題です。!ドラマ「アンチヒーロー」のミルの犬種や演じ...

アンチヒーローの犬【ミル】犬種はゴールデンレトリバー!ライズのかわいい画像も!

あわせて読みたい
アンチヒーロー原作ネタバレ考察!12年前の冤罪事件に全てがつながっている? 長谷川博己さん主演のTBS日曜劇場「アンチヒーロー」は謎の弁護士・明墨正樹が無罪の証拠を突き止めていくドラマですが原作やネタバレとは?アンチヒーローの原作あらす...

アンチヒーロー原作ネタバレ考察!緋山【岩田剛典】犯人じゃない?前原瑞樹が怪しい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次