MENU

ブルーモーメント2話キャスト!前田琢巳役の久田悠貴と妻役の山口まゆ!

#ad #PR #スポンサー

5月1日放送の山下智久さん主演のドラマ「ブルーモーメント」2話のゲストキャストは雪崩で遭難した前田琢巳(まえだたくみ)役で久田悠貴さん、佐竹の娘で妻・明日香役で山口まゆさんです。「ブルーモーメント」2話のキャスト俳優・女優をご紹介します。

目次

ブルーモーメント2話キャスト!前田琢巳役の久田悠貴と妻役の山口まゆ!

2024年5月1日に「ブルーモーメント」第2話が放送されます。

第2話には、以下のゲストキャストが登場します。

ゲストキャスト①前田琢巳(まえだたくみ)役 久田悠貴(ひさだゆうき)さん

ゲストキャスト②前田の妻・明日香(あすか)役 山口まゆ(やまぐちまゆ)さん

1話から雪崩での遭難者の救助でSDM特別災害対策本部が建てられて救助に当たることに。

SDMについて、以下の記事で紹介しています。

SDM特別災害対策本部は実在のモデルがある?ブルーモーメントで架空の組織?

あわせて読みたい
SDM特別災害対策本部は実在のモデルがある?ブルーモーメントで架空の組織? 山下智久さん主演のフジテレビ水曜ドラマ「ブルーモーメント」は気象災害から人々を救うため立ち向かうSDM(特別災害対策本部)メンバーの奮闘物語ですが実在する組織?...

雪崩に巻き込まれ遭難したエンジニア役を久田悠貴さん、その妻であり、音尾琢真さん演じる佐竹尚人の娘役を山口まゆさんが演じます。

以下では、2名のキャストについてご紹介します。

前田琢巳役 久田悠貴

久田 悠貴(ひさだ ゆうき)

1995年10月9日愛知県出身。

引用元:公式サイト

久田悠貴さんは、現在29歳の俳優です。

中京大学で心理学を学び、2018年に上京。

TikTokドラマやアーティストのMVに出演するほか、映画の舞台挨拶の司会を務めるなど、俳優・モデルとして幅広い活動を行っています。

以下は、これまでの出演作品一覧です。

【FILM|映画】

2023 君と世界が終わる日に 

2021 ブレイブ -群青戦記- 

2021「ホモアミークス」

SHORT FILM|短編映画

2020「湯沸かしサナ子、29歳」

【TV|テレビ】

2023 プレバト再現VTR

2022「業界怪談シーズン2」西田役

2022「ウルトラマンデッカー」技術員役

2021「女王の法医学」医学生役

2021「プレバト!!」息子役

2020「アイカツプラネット」

20​20「逃亡者」山梨県警察役

20​20「あまんじゃく2」

2020「池​上特番リクルート事件」

2019「池上彰の現代史リクルート事件​」

2019「アフロ田中」応援団役

2019「NHK​逆転人生フリックスボールペン編」​

2019「NHK逆転人生日本語教師編」

2019「ワール​ド極限ミステリー」

ワール​ド極限ミステリー」や「NHK逆転人生」、「プレバト」などバラエティ番組の再現VTRに多く出演。

また、「アフロ田中」や「逃亡者」、「ウルトラマンデッカー」、「女王の法医学」、「ブレイブ -群青戦記-」、「君と世界が終わる日に」など話題のドラマ・映画にも出演しています。

今まではちょい役だったので役名がありませんでしたが、今回の「ブルーモーメント」では初めて役名で出演します(≧∀≦)

その一方で、実はボトルやシェーカーを投げたり回したりパフォーマンスしながらカクテルを提供する『フレアバーテンダー』としても活動している久田さん!

大会に出場するほどの腕前を持っていて、昨年行われた大会では5位に入賞していました!

曲選びから構成まで自分で考えているそうで、俳優で培っている表現力もパフォーマンスに活きているようです♪

前田の妻・明日香役 山口まゆ

名前 山口 まゆ(やまぐち まゆ)

生年月日 2000.11.20

出身地 東京都

血液型 A型

サイズ 身長157cm

趣味・特技 映画鑑賞/味噌汁巡り

引用元:公式サイト

山口まゆさんは、現在23歳の女優です。

小学生の頃からバレリーナを目指してクラシックバレエに打ち込み、小学4年生の時に「NEWSエンターテインメント」にて子役活動をスタート。

中学校進学後の2014年には、有村架純さんや吉瀬美智子さん、戸田恵梨香さんらが所属する「フラーム」に入所し、本格的に女優として活動を開始しました。

同年に「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」で女優デビューし、吉瀬美智子さん演じる滝川利佳子の長女・真菜役で出演!

その後はNHKドラマ「聖女」で広末涼子さんの少女時代役、「アイムホーム」では木村拓哉さんの娘役を演じるなど、重要な役柄を次々こなしブレイク女優として注目を集めます。

そして綾野剛さん主演のドラマ「コウノドリ」では、中学2年生で妊娠が発覚する吉沢玲奈を演じ、その高い演技力が話題に!

そして2016年放送の「ひと夏の隣人」では、当時16歳の若さでドラマ初主演を務めました!

湊かなえさん原作のドラマ「リバース」では、玉森裕太さん演じる高校教師・浅見を慕う生徒・藤崎莉子を演じました。

2021年には、清水崇監督の映画「樹海村」で山田杏奈さんとW主演を務めました!

演じたのは、響(山田杏奈)の姉で、オカルトを信じない冷淡な天沢鳴でした。

北川景子さん主演の月9ドラマ「女神の教室~リーガル青春白書~」では、高橋文哉さん演じる真中信太郎の妹で、信太郎が就活中に落ちた会社から内定をもらう真中美羽を演じました。

そして今年3月公開の映画「ブルーイマジン」では主演を務め、性被害に遭った過去を持つ俳優の主人公・斉藤乃愛を演じました。

ブルーモーメント2話あらすじ!雪崩の救助者はSDM・佐竹の娘の夫だった!

1話ではSDMの晴原柑九朗の本田翼さん演じる元婚約者との悲しい過去が明らかに!

以下の記事でネタバレご紹介しています。

【ブルーモーメント】ネタバレ結末!本田翼【園部灯】の死の真相とは?

あわせて読みたい
【ブルーモーメント】ネタバレ結末!本田翼【灯】はなぜ戻って死んだ? 山Pこと山下智久さん主演のドラマ「ブルーモーメント」は気象災害から人々を救うため立ち向かう主人公たちの物語。ブルーモーメントのあらすじネタバレを結末までご紹介...

SDM 気象班統括責任者・晴原柑九朗(山下智久)は、救助の際に吹雪に巻き込まれ崖から落ち、二重遭難してしまった消防班責任者・佐竹尚人(音尾琢真)と要救助者・前田琢巳(久田悠貴)を救うため、気象の解析を続けていた。そんな中、前田の妻・明日香(山口まゆ)が佐竹の娘であることが判明する。

消防班班員の園部優吾(水上恒司)は、上司の佐竹たちを真っ先に救出したいが地上からアプローチする方法がなく、断腸の思いで一時撤退する。そんな中、さらなる要救助者の親子が出たと連絡が入る。後ろ髪を引かれつつも「救えない命より救える命に向き合う。佐竹隊長ならそうする。」という想いを胸に、新たな要救助者のもとへ。

吹雪で視界が遮られるが、晴原が気象条件から要救助者の行動を推理し、優吾を遭難した親子のもとに導く。奮闘するSDMメンバーの姿を見て、役に立ちたいのに無力でなすすべがない雲田彩(出口夏希)は悔しさを感じていた。

親子救出の喜びもつかの間、別の救助要請が入り、消防班が出動。しかし、晴原は、優吾だけを指揮車両に呼び戻し、「一時的に佐竹の滑落ポイントで吹雪が弱まる予想時間を見極めるのでヘリで救助できる。」と告げる。だが優吾は、5年前に園部灯(本田翼)を亡くした晴原が、そのトラウマにとらわれ無謀な提案をしていると思い、危険すぎると反対する。そんな優吾に対して晴原が出した驚くべき提案とは……!?

引用元:公式サイト

久田悠貴さんが演じるのは、朝ヶ岳で消防班責任者の佐竹(音尾琢真)と二重遭難した要救助者・前田琢巳です。

山口まゆさんは遭難した前田の妻で、実は佐竹の娘でもある明日香を演じます!

二重遭難した2人はまさかの義理の親子。明日香は大切な夫と父を失ってしまうのか・・?

救助困難な救助者を、優吾と晴原は無事に救出することができるのでしょうか!?

ブルーモーメントのキャスト

引用元:公式サイト

晴原柑九朗(はるはら かんくろう):山下智久

気象庁気象研究所・予報研究部/気象班チーフ

端正な顔立ちと爽やかな笑顔がトレードマークで報道番組のお天気コーナーにも出演するかたわら、気象災害から人命を守るために活動するSDM気象班チーフとして災害現場で奮闘する。
気象学の天才で、持ち前の頭脳と現場で感じた生の天気から膨大な気象情報を多角的に考察することができ、人命がかかる緊迫した状況でも一手先を読む力を持ち合わせている。
一方で、毒舌のため周囲からたびたび反感を買ってしまうことも…。
彼の人命救助に対する熱い志や真っすぐな姿勢はやがて仲間の彼に対する見方を変え、共感を得た者たちと共に唯一無二の最強SDMチームを作り上げる。
そんな彼が“気象学で命を救う”ことを志した理由、それは最愛の人の死だった。
そしてそこには彼がずっと追い続けている謎があって…。

雲田彩(くもた あや):出口夏希

気象庁気象研究所・予報研究部助手

帰国子女で中国語が堪能。仕事はできるが、思ったことをズケズケ言ってしまう性格のため前職を退職することに…。そんな中、気象庁気象研究所・予報研究部部長の上野香澄が出した求人募集を見つけ、晴原の元へやってくる。
あまりの気象素人っぷりとハッキリものを言う姿勢に最初晴原は拒絶するが、名前に“雲”がついているのが良いという理由で仮採用され、助手としてSDMに配属となる。
今まで転職を繰り返していた素人の彼女は懸命に食らいついていくが、なぜそこまでSDMで頑張れるのか、そこには彼女自身が抱えている秘密に理由があった。

園部優吾(そのべ ゆうご):水上恒司

東京消防庁・消防救助機動隊

優秀なレスキュー隊員で、晴原の亡き婚約者のいとこ。
父の実家は衆議院議員を代々輩出する名家のため、何不自由なく育ってきた。
中学生の頃に山岳部で登山した際に遭難し、その際にレスキュー隊員の佐竹尚人に救われたことでレスキュー隊員に憧れ、志願する。佐竹がSDM消防班統括責任者に選ばれ、部下である優吾も参加することに。
過激な進め方をする晴原と度々対立することがある。
さらに、優吾にとって晴原の亡き婚約者は姉のような存在で強く憧れていたため、彼女と婚約した晴原に強い対抗心を抱いている。

丸山ひかる(まるやま ひかる):仁村紗和

対策本部車ドライバー兼料理人

SDMが指揮を執る場所が決まると指揮車両を運転してくるのだが、一刻も早く場所を整えるためか少々運転が荒く、車酔いしてしまう人もしばしば。
一方で、チームSDMのために温かくておいしい食事を作り、彼らへのケアは一切怠らない。
そんな彼女の普段の明るさからは一切感じさせないが、家族を災害で亡くした経験から、SDMへの参加を志願したという背景がある。

山形広暉(やまがた ひろき):岡部大(ハナコ)

国土地理院官僚/情報班チーフ

超がつくほどの地理オタク。
日本で唯一の国家地図作成機関である国土地理院で働く夢を抱いて入庁したが、気象研究所・予報研究部部長の上野香澄から熱烈な推薦を受け、半ば強制的にSDMのメンバーへ選出される。
地理に関する膨大な知識から晴原らを全面バックアップする。

佐竹尚人(さたけ なおと):音尾琢真

東京消防庁・消防救助機動部隊長/消防班統括責任者

試験運用中で寄せ集めのSDMにおいても“唯一の希望”と大臣に言わしめるほどのエースレスキュー隊員。
優吾の上司でもあり、登山中に遭難した中学2年生だった優吾を救助して以来、彼の憧れの存在に。
佐竹は、これまでの経験と実績からレスキュー隊員として“命を懸けても、命は捨てない”という強い信念を徹底して優吾らに教えてきたが、ある出来事が彼を襲い、究極の選択を迫られることに…。

上野香澄(うえの かすみ):平岩紙

気象庁気象研究所・予報研究部部長

晴原の上司であり、雲田を彼の助手に推薦した張本人。
SDMでは、本部が置かれる霞ヶ関で大臣と晴原らSDM現場チームをつなぐことに徹している。
また、上野と晴原の関係は長く、晴原の亡き婚約者は大学時代の後輩で、姉妹のように仲がよく、彼女を通じて知り合った。そのため、上野は晴原にとって頭が上がらない存在に。

汐見早霧(しおみ さぎり):夏帆

医師(脳外科医)

若くして神の腕を持つも、病院内で起きたある出来事をきっかけにメスを握れなくなってしまった天才脳外科医。
神の腕を失った結果、総合診療科への異動を命じられてしまったが、高難度の手術で命を救うことが自分の存在価値だと思ってきた彼女は、まだ現実を受け止めきれていなかった。
病院でも居場所がなかった彼女は、専属の医師を必要としていたSDMに派遣される。
災害医療にモチベーションが湧かない彼女だったが、天候を読み人々を救おうと奮闘する晴原たちの様子を目の当たりにし、気持ちにも変化が訪れる。

立花藍(たちばな あい):真矢ミキ

総務省・総務大臣

既存組織を否定する形になるSDMに対して慎重派であり、SDM推進派の特命担当大臣・園部肇一と対立している。
特に、SDMチームが適材適所に人材が全て揃っていないまま活動を始めていることを鋭く追及している。
しかし、SDMに対して彼らに希望も感じている一面も。
彼女がここまでSDMに固執するのには、晴原の亡き婚約者の存在が関係していて…。

園部肇一(そのべ けいいち):舘ひろし

内閣府・特命担当大臣(防災担当)

重要閣僚も務めたことがある有力な衆議院議員。
あることをきっかけにSDM創設に力を入れ、足かけ5年ほどかけて晴原ら精鋭を集め試験運用を開始する。現場の最前線で奮闘する晴原や、優吾らSDMメンバーとは異なり、霞ヶ関から彼らを全面的にバックアップしている。
SDM慎重派の立花藍からは、チームのあり方について追及されている。
なぜ、園部はSDMを創設することになったのか。そこには、彼が晴原と共に追い続けている謎と関係があった。

園部灯(そのべ あかり):本田翼

気象庁気象研究所・研究官

今は亡き晴原の婚約者で、特命担当大臣(防災担当)・園部肇一の一人娘。
気象研究所の研究官として邁進する傍ら、自然災害の多い日本において、行政の枠組みや既存組織にとらわれず迅速に判断を下すための組織を立ち上げる夢を叶えるため日々奮闘していた。
気象学で自然災害に立ち向かう組織には、卓越した数学脳で天気を解析できる人間が必要不可欠だったため、晴原を気象学の世界に勧誘する。
大雨が降りしきるある日、大きな災害が発生する場所を突き止めた晴原と灯は、人的被害の拡大を防ぐためそれぞれの職場へ向かうのだが…。

まとめ

今回は「ブルーモーメント」第2話に出演するゲストキャストについてご紹介しました。

前田琢巳役は、ドラマや映画、アーティストのMV、舞台で活躍しながら、パフォーマンスしながらカクテルを作るフレアバーテンダーとしても活躍する久田悠貴さん。

前田の妻であり、佐竹の娘でもある明日香を演じるのは、「昼顔」や「コウノドリ」、「樹海村」、「女神の教室」など話題作に出演する若手女優・山口まゆさん。

要救助者の琢巳は無事に助かるのか?夫と父が同時に遭難し悲劇に見舞われる明日香の運命とは・・・。

気になる「ブルーモーメント」第2話は2024年5月1日夜22時〜放送です!お楽しみに!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次