MENU

【花咲舞が黙ってない】キャストなぜ変わったか理由は?杏と今田美桜の比較も

#ad #PR #スポンサー

ドラマ『花咲舞が黙ってない3』が2024年に今田美桜さん主演で放送!過去に杏さん主演で放送されていましたキャストがなぜ変わったのか?『花咲舞が黙ってない』のキャストはなぜ変わったのか?変更理由を考察!俳優・女優陣も2015年版と比較します。

目次

【花咲舞が黙ってない】とは?池井戸潤原作で2014年にドラマ化

 

ドラマ「花咲舞が黙ってない」の原作は池井戸潤の小説で2014年にドラマ化!

ドラマ「花咲舞が黙ってない」は、池井戸潤さんの小説『不祥事』『銀行総務特命』「花咲舞が黙ってない」などを原作としています。

花咲舞が黙ってない2024ネタバレ原作!半沢直樹と銀行合併の結末とは?

あわせて読みたい
花咲舞が黙ってない2024ネタバレ原作!半沢直樹と銀行合併の結末とは? 今田美桜さん主演の「花咲舞が黙ってない2024」人気ドラマのリメイクで池井戸潤さんのさんの小説が原作ですが半沢直樹が登場することが話題です。花咲舞は黙ってない202...

舞台となるのはメガバンク東京第一銀行。主人公の花咲舞は、銀行の臨店班として、相馬健とコンビを組み、銀行内の様々なトラブルを解決していく、というストーリー。

臨店班とは、問題を起こした支店へ出向し、業務改善の指導や支援をする部署。

ちなみにこの臨店班は実在するのか?というと、名称は銀行によって違いますが、技術指導や窓口補助の目的をする部署は存在します。

ただ事件を解決したりはしないとのこと。

花咲舞と相馬健は、臨店先ではあまり歓迎されず、なかなか行員の協力も得られないなか奮闘します。

そんな「花咲舞が黙っていない」ですが、2014年、2015年には杏さん主演で日本テレビでドラマ化されていて、続編が放送されるほどの人気でした。

そんな人気作品が2024年の令和に再び登場!主演は人気女優の今田美桜さんです。

前回の杏さんのイメージが強い視聴者が多いだけに何かと比較されそうですが、個人的には今田美桜さんの主演も楽しみです。

そして・・・なんと半沢直樹が登場する可能性がある!?

花咲舞が黙ってない2024ネタバレ原作!半沢直樹と銀行合併の結末とは?

あわせて読みたい
花咲舞が黙ってない2024ネタバレ原作!半沢直樹と銀行合併の結末とは? 今田美桜さん主演の「花咲舞が黙ってない2024」人気ドラマのリメイクで池井戸潤さんのさんの小説が原作ですが半沢直樹が登場することが話題です。花咲舞は黙ってない202...

あらすじ

そんな2024年に放送される第3シリーズのあらすじです。

東京第一銀行羽田支店の窓口係を務める花咲舞(今田美桜)は、ある日突然、人事異動を言い渡された。異動先は本部の支店統括部臨店班。相棒の相馬健(山本耕史)のやる気がないのは気になるが、エリート女性行員、昇仙峡玲子(菊地凛子)に憧れを抱いた舞は、本部への大抜擢!と大張り切り。
最初の臨店先は、なんと古巣の羽田支店で、苦手な先輩根津京香(栗山千明)と再会。臨店の仕事とは支店で起きた小さな問題の解決と指導、皆から嫌われる、誰もやりたがらないものだと知り、舞はショックを受ける。

がっかりしながら迎えた臨店2日目。臨店班宛に、羽田支店の藤枝支店長(迫田孝也)と取引先である株式会社エトランの癒着の調査を求める内部告発のメモが届く。
送り主はこの支店の誰かに違いない!と舞と相馬は行員たちに聞き取り調査をすることに。昨年までエトランの融資担当をしていた根津に話を聞く中で、舞は根津が何か知っているのではないかと察するが、支店長のイエスマンである根津は、「存じません」の一点張りで話にならない。

根津の態度を不審に思いながらも、聞き取りを終えた舞たちは、エトランのクレジットファイルを確認。
決算書類を見ていくうちに、藤枝が支店長になって間もなく、業績に見合わない2億円もの融資を実行していたことを発見。更に、そのすぐ後に、1千万円の不審な外注費が支払われていることが判明した。
告発文の真相に近づいているようだが、書類を見る限り、これ以上のことはわからない。すると舞は「直接聞いてみるしかないってことですよね」と、支店を飛び出し……!
すぐ諦める相馬健と、絶対に諦めない花咲舞!臨店班コンビが銀行のトラブル解決に動き出す!

引用元 日本テレビ

今回「花咲舞が黙ってない」シーズン1とシーズン2が、Hulu にて全話配信中です!

こちらもどうぞお楽しみください♪

【花咲舞が黙ってない】キャストはなぜ変わったか?変更理由は?

そんな人気ドラマ「花咲舞が黙ってない」ですが、なぜキャストが杏さんと今田美桜さんから変更になったのか?という疑問の声があがっています。

その理由について考察していきます。

①原作の年齢設定

人気ドラマが再び放送されるので、今でも女優として活躍されている杏さんがなぜ主演でないのか?と疑問の声がもあるかと思います。

お子さんとパリに移住されていますが、作品によっては、日本に長期滞在しているとのことで、主演を務めるのは不可能ではありません。

それは「花咲舞」の物語と年齢設定にあると思います。

原作と2014年、2015年に放送されたドラマどちら花咲舞は入社5年目の若手社員です。

若手女子社員にもかかわらず「生意気」だと言われようとも、ひるまないで間違ったことは間違っているとはっきりと訴えて発言するのが花咲舞の魅力であると思います。

杏さんは今でも綺麗ですが、さすがに年齢設定的に20代は難しく、物語の設定が大きく変わることから、フレッシュに年齢設定を合わせたキャスティングにするのは自然だと思います。

②そもそもリメイクだから

ただ人気ドラマのシリーズ化ということで、杏さんが出演して10年後の「花咲舞」を制作するというのもあり得たかもしれません。

10年後は、結婚して・・・ママになっても、相変わらず花咲舞が言いたいことを言う!なんて展開も面白いかもしれません。

しかし原作小説をベースにしているドラマであり、原作では花咲舞の10年後は残念ながら描かれていません。

あくまでリメイク作品ということで、やはり令和版としてキャストを変更するのが自然ですね。

③花咲舞の父親役の俳優・大杉漣さんの死

そしてキャストを一新した理由として、過去作の舞の父親役を演じていた大杉漣さんの死が関係しているのでは?という声がもありました。

大杉漣さんは、残念ながら2018年に急死されています。

個人的にはあまり関係ないかと思いますが、確かに亡くなっている人がいる場合の続編のキャスティングは悩ましいと思います。

大杉漣さんが演じていた父親は自宅の一階を改装した居酒屋「花咲」を営むドラマオリジナルキャラクターですが、前作で舞の相棒の相馬健役を演じていた上川隆也が舞の叔父役で「酒肴処・花さき」の店主として2024年版に登場します。

花咲舞が黙ってないキャストを杏と今田美桜主演版で比較【メインキャスト】

「花咲舞が黙ってない」主人公の花咲舞。こんな人物です。

花咲舞:杏(あん)【シーズン1・2】

東京第一銀行本部・支店統括部臨店班。
支店の窓口係から突然、本部の臨店班に異動となった。
ベテラン行員の相馬健とコンビを組んで、支店で起きた問題を解決する仕事に就くことに。今まで見えていなかった銀行内部の数々の不祥事を目の当たりにする。
相手が誰であろうと、自らが正しいと信じることは強く主張する。
上司の相馬が止めるのも聞かず、問題解決のために突っ走る。
そして、彼女は絶対にあきらめない。

引用元 日本テレビ

花咲舞:今田美桜(いまだみお)【シーズン3】

シリーズ1と2で、杏さんが演じた花咲舞。明るく親切な花咲舞は、赤坂支店、中野支店の窓口担当で、同僚や顧客からも人気がありました。

それが突然臨店班に異動となります。正義感が強く、間違ったことは許せないタイプですが、行員の粗さがしをするような臨店の仕事に戸惑うことも。

決め台詞は「お言葉を返すようですが」「いいえ黙りません!」「そんなの絶対間違ってます!」など。

この決め台詞はシリーズ3の今田美桜さんも言ってました。

シリーズ3も支店の窓口から、臨店班へと異動になるのも同じ。

キャラクターそのものは、杏さんのときとあまり変わらないと思われます。

相馬健:上川隆也(かみかわたかや)【シーズン1と2:】

東京第一銀行本部・支店統括部臨店班。
花咲舞の上司。ともに支店に行って、そこで起きた問題を解決する。かつて取引先が倒産した責任を押し付けられて、出世コースから外れてしまった「あきらめた男」。
そこからは事なかれ主義で波風立てず、趣味の食を充実させながら、ほどほどのサラリーマン生活を送るという態度にシフトしていったが、根本には熱い物がある。
花咲舞に振り回されるうち、知らず知らずやる気を出して活躍を支える役回りに。

引用元 日本テレビ

相馬健:山本耕史(やまもとこうじ)【シーズン3】

花咲舞のバディとなる相馬健。かつては花咲舞の上司でした。

川上隆也さんが演じた相馬健は、上司にはめられ出世コースから離脱。地方店に飛ばされ自暴自棄となり、離婚してしまいます。

波風が立たないように臨店のしごとをこなしていましたが、花咲舞とコンビを組むようになり、サポートをするうちに自らも事件解決に動くようになります。

趣味は食べ歩きで、グルメガイドを持ち歩くほど。

花咲舞の父親が経営する居酒屋「花咲」の料理にはまり、常連客になります。

山本耕史さんが演じる相馬健も、出世コースから外れ、あきらめた男、という役どころ。

事なかれ主義で仕事をしていましたが、花咲舞に振り回されるうち、支える側になっていきます。

相馬健も人物像がそのまま引き継がれましたね!趣味が「食」というのも同じです。

人物像は前回とあまり変わりないようですね。

キャストを杏と今田美桜主演版で比較【その他】

紀本平八(部長執行役員) 過去なし  2024年:要潤

東京第一銀行本部・経営企画部長 執行役員。
40代にして執行役員、経営企画部長にまでのし上がった超エリート。
頭取派閥で、将来の頭取候補と言われている。
銀行の利益のためならどんな手段もいとわない信条。
頭取の命を受け、部下の昇仙峡玲子に特命任務を与える。

シーズン1と2:該当者なし

シーズン3:要潤(かなめじゅん)

シーズン1で東京第一銀行本部・経営企画部長は、生瀬勝久さんが演じた真藤毅でした。

真藤毅はシーズン2で常務取締役になります。

今回要潤さんが演じる紀本平八は、新しいキャラクターです。

銀行の利益を第一に考えるのは、真藤毅と同じ。花咲舞の大きな壁になる人物と思われます。

昇仙峡玲子(主任調査役 特命担当)過去なし  2024年:菊地凛子

東京第一銀行本部・経営企画部 主任調査役(特命担当)。
いずれは東京第一銀行初の女性取締役、さらには頭取も夢ではないと目されるエリート中のエリート。
銀行の利益のために不祥事を洗い出して潰し、隠蔽する特命任務に就くことに。
清濁併せのんで、自らの理想を実現するという狡猾さも兼ね備えている。
最初は昇仙峡にとって花咲舞は雑魚でしかなく、完全に下に見ていて相手にもしていなかったが、臨店班が銀行内の不祥事を暴いていく中で、徐々に見逃せない存在になっていく。

シーズン1と2:該当者なし

シーズン3:菊地凛子(きくちりんこ)

昇仙峡玲子もシーズン3の新キャラクターです。

似たキャラクターをあえてあげると、シリーズ1と2で経営企画本部・次長役の甲本雅裕さんが演じた児玉直樹かな?と思います。

児玉直樹は真藤毅に忠誠心が厚かったのですが、昇仙峡玲子は自らも頭取を狙える存在である、という点が違います。

それにしても菊地凛子さん、朝ドラ「ブギウギ」で淡谷のり子さんをモデルにした茨田りつ子役のときと、まったく声もイメージが違いますよね~。

女優さんってコワイな~と思いました(笑)

真藤毅(常務執行役員 経営企画本部長)過去:生瀬勝久 2024年:なし

シーズン1と2:生瀬勝久(なませかつひさ)

シーズン3:該当者なし

真藤毅はシリーズ1では常務執行役員経営企画本部長でしたが、シリーズ2で常務取締役に昇進しています。

銀行の利益と名誉のためなら、行員の犠牲は仕方がないと考える人物なので、不正を暴いていく臨店班の存在をうっとうしく思っています。

シリーズ2の最終回で、頭取の罪をかぶろうとしますが、花咲舞に指摘され頭取の不正を告発。

その責任を取り子会社へ出向となりました。

臨店班のふたりに「近いうちにまた戻ってくる」と言い残しましたが、これから登場はあるのでしょうか!

児玉直樹(次長→秘書室次長)過去:甲本雅裕 2024年:なし

シーズン1と2:甲本雅裕(こうもとまさひろ)

シーズン3:該当者なし

この投稿をInstagramで見る

 

甲本雅裕(@masahiro.koumoto)がシェアした投稿

シーズン1と2で甲本雅裕さんが演じた児玉直樹。経営企画本部長次長から、秘書室次長に昇格します。

真藤派閥のリーダーで、真藤に対する忠誠心は厚く、臨店班の動向を監視する、という人物。

相馬健と同期入社です。シリーズ3は真藤が登場しないので、児玉直樹も登場しないのかもしれませんね?

芝崎太一(支店統括部 部長)過去:塚地武雅 2024年:飯尾和樹

東京第一銀行本部・支店統括部次長。
舞と相馬の直属の上司。
平和主義者であまり出世競争のゴタゴタには巻き込まれたくはないと思っているが、なぜか巻き込まれがち。

シーズン1と2:塚地武雅(つかじむが)

シーズン3:飯尾和樹(いいおかずき)

シリーズ1と2で塚地武雅さんが演じた芝崎太一。花咲舞と相馬健の直属の上司でした。

口癖は「大変だー!」で、いつも臨店班に仕事を持ち込みます。

行内の噂話に詳しい人物です。

シリーズ3で飯尾和樹さんが演じる芝崎太一も、花咲舞と相馬健の直属の上司。

平和主義でゴタゴタには巻き込まれたくない人物ですが、なぜか巻き込まれがち。

芝崎太一も人物像は同じようです。

辛島伸二朗(支店統括部長)過去:榎木孝明 2024年:神尾佑

東京第一銀行本部・支店統括部長。
相馬と舞を臨店班に抜擢した上司。
誰にでも物おじせずに物申す舞を評価している。

シーズン1と2:榎木孝明(えのきたかあき)

シーズン3:神尾佑(かみおゆう)

シーズン1と2で、榎木孝明さんが演じた辛島伸二朗。とてもおだやかな支店統括部長でした。

行内の古い体質を刷新するため、花咲舞を抜擢し相馬健とコンビを組ませた人物です。

シリーズ3で 神尾佑さんが演じる辛島伸二朗も、花咲舞と相馬健を抜擢した人物。

人物像はそのまま引き継がれるようですね。

堂島正吾(専務取締役)過去:石橋凌 2024年:なし

シーズン2:石橋凌(いしばしりょう)

シーズン1と3:該当者なし

シーズン2で登場した、石橋凌さんが演じた堂島正吾。ニューヨーク支店から頭取争いに参加したやり手です。

シリーズ2の最終回で、頭取に不正が発覚したとき、解任に追い込み新頭取となりました。

シリーズ3で頭取が誰なのか、まだわかっていません。

松木啓介(五反田支店融資課)過去:成宮寛貴 2024年:なし

シーズン2:成宮寛貴(なりみやひろき)

シーズン1と3:該当者なし

花咲舞に思いを寄せる、五反田支店融資課の松木啓介。花咲舞を食事に誘いますが、その気持ちにまったく気づかない花咲舞は、いつも相馬健も連れて行きます(笑)

シリーズ2で、ファイルを盗まれたことの責任をとって、岡山支店に異動となりました。

落ち込む松木を花咲舞が励まし、再起を誓い旅立っていきます。

松木を演じたのは成宮寛貴さん。2016年に芸能界を引退しているので、今回の登場はないと思われます。

ただ「相棒」でも度々復帰説が出るので、そのうちまた俳優復帰があるかもしれませんね。

花咲幸三(舞の父親)過去:大杉漣 2024年:なし

シーズン1と2:大杉漣(おおすぎれん)

シーズン3:該当者なし

シリーズ1と2で花咲舞の父親を演じたのは大杉漣さん。ドラマのオリジナルキャラクターでした。

妻を早くに亡くし、男でひとつで舞を育て、脱サラして自宅に居酒屋「花咲」を開店させます。

シリーズ1と2で花咲舞のバディだった、上川隆也さん演じる相馬健は、この店をお気に入りとしています。

大杉漣さんは2018年にお亡くなりになったので、もう居酒屋「花咲」も登場しないと思われます。

ですが父親代わりともいえる、叔父がシリーズ3で登場します!

花咲健(舞の叔父)過去:なし 2024年:上川隆也

花咲舞の叔父。「酒肴処・花さき」の店主。
舞が銀行に就職したのをきっかけに、兄の店を引き継ぐ形で脱サラして店主になった。
舞の小さい頃から近所に住んでいて、親子以上に色々言い合える関係。
姪の幸せを願うあまりに、ついつい過干渉になったりして舞にウザがられることもあるが、基本的には仲が良い。兄の娘を預かっているという責任感もあり、舞の事を心底心配している。

シーズン1と2:該当者なし

シーズン3:上川隆也(かみかわたかや)

なんと!シリーズ1と2でバディ役だった、上川隆也さんが叔父役で再登場(≧∇≦)

しかも大杉漣さんが演じた花咲幸三の弟役です。

名前は花咲健。相馬健から引き継がれたんですね!

居酒屋も引き継いだという設定です。

シリーズ1と2のお店とどう違うのか、ぜひ見比べてみてください!

キャスト引用元 日本テレビ

まとめ

2024年4月13日から日本テレビ系で放送される「花咲舞が黙ってない」!

「半沢直樹」「下町ロケット」などの池井戸潤さんの小説「不祥事」などを元にしたドラマです。

今回放送されるのはシリーズ3。シリーズ1と2は杏さんを主人公に、バディ役を川上隆也さん、敵となる人物を生瀬勝久さん、父親役を大杉漣さんが演じました。

このシリーズ3は大きく俳優陣を変更。主人公の花咲舞を杏さんから今田美桜さんに。

バディ役の相馬健役は上川隆也さんから山本耕史さんになりました。

上川隆也さんは、父親役だった大杉漣さんの代わりに、叔父役として登場します。

前回と同名のキャストは、東京第一銀行本部の辛島伸二朗と芝崎太一。

辛島伸二朗は榎木孝明さんから神尾佑さんへ、芝崎太一は塚地武雅さんから同じお笑いの飯尾和樹さんへとバトンタッチされました。

全体的に少し若返りしたのかな?と個人的に思います。

ほかに今回新しく登場するのは、菊地凛子さん、要潤さんなど。

栗山千明さん、犬飼貴丈さん、三宅弘城さんなど、豪華なゲストも登場します!

痛快エンターテインメント「花咲舞が黙ってない」!今回も花咲舞の奮闘に、どうぞご期待ください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次