MENU

【花咲舞が黙ってない2024】3話あらすじ感想とキャスト!スッキリしない終わり方は原作通り

#ad #PR #スポンサー

2024年4月27日放送の今田美桜さん主演の日本テレビ土曜ドラマ「花咲舞が黙ってない3」3話のあらすじネタバレと感想とゲストキャストをご紹介します!「花咲舞が黙ってない2024」3話のあらすじと感想は反社の黒幕のスッキリしないモヤモヤな終わり方は原作通り?

目次

花咲舞が黙ってない3話ネタバレあらすじ!反社とベンチャーの癒着の衝撃の黒幕の正体とは?

花咲舞(今田美桜)と相馬健(山本耕史)の次なる臨店先は、昇仙峡玲子(菊地凛子)の上司である紀本平八経営企画部長(要潤)や小倉哲業務統括部長(矢柴俊博)など歴代の部長や役員を輩出する名門店舗、銀座支店。

近々2億円の新規融資を控える重要な取引先で田沼英司(犬飼貴丈)が社長を務めるアクアソートから依頼された振り込みが、融資担当・坂野元(小林虎之介)のミスにより期日通りに行えない。というトラブルが発生し、舞と相馬は坂野と共に、入金が遅れた振込先に謝罪に向かう。到着した先は、シンバシサービスという営業コンサルタント会社。しかし社内は、オレオレ詐欺のアジトのような雰囲気で、奥には見るからに反社会的勢力風の男がどっかりと腰を下ろしている。その様子から舞は、アクアソートは詐欺に加担しているのではないか?と疑い、アクアソートの通帳を確認。入金専用カードを使った不審な入金が多発していることに気づき、アクアソートの事務所へと向かう。

舞たちを出迎えたのは、常務の土屋友康(中山求一郎)。社長の田沼とは大学の研究室にいた頃からの付き合いで、一緒に画期的な浄水技術を開発し、世の中に広めるために会社を立ち上げたのだという。田沼と土屋が互いを尊敬し合いながら、被災地や途上国の支援などもしていると知った舞は、クリーンな社風と2人の理想に感銘を受ける。しかし同時に、シンバシサービスのような会社と繋がりがあることを、ますます不審に思う。思い切って土屋に尋ねると、歩合で営業を委託している会社だと言うが、それ以上の話は聞き出せず……。
翌日、舞と相馬は田沼の研究所を訪れ、話を聞くことに。数ある営業コンサルタント会社から何故、シンバシサービスを選んだのか?と尋ねると、田沼は「知り合いの紹介です」とだけ答えて表情を曇らせた。
その態度から、相馬は、田沼社長は詐欺に加担している、あるいは利用されているのではないかと確信し……!?

引用元:公式サイト

何かと過去作と比較されがちなリメイクですが、個人的には今田美桜さんの演じる、花咲舞はフレッシュで好きです♪

【花咲舞が黙ってない】キャストなぜ変わったか理由は?杏と今田美桜の比較も

あわせて読みたい
【花咲舞が黙ってない】キャストなぜ変わったか理由は?杏と今田美桜の比較も ドラマ『花咲舞が黙ってない3』が2024年に今田美桜さん主演で放送!過去に杏さん主演で放送されていましたキャストがなぜ変わったのか?『花咲舞が黙ってない』のキャス...

今回花咲舞が向かう臨店先は銀座支店。

ベンチャー企業への融資金の振り込みにトラブルが有ったようです。

そこからベンチャー企業が何やら黒いつながりがあることが判明していく?という展開。

気になる「花咲舞が黙ってない」第3話のネタバレを以降でご紹介します。

いきなり反社登場!?

どこかのビルの一室で、反社らしき男が誰かの指を切り落とそうとしています。

「金貸しは金貸しでも、銀行さんみたいに優しく許してくれると思うな」

反社の男は、腐りかけの会社をよこすようにと呟いています。

今回、舞と相馬に任された臨店依頼は、銀座支店の振り込みトラブル。

銀座支店は歴代の役員を輩出している名門店舗のため、相馬はあまり乗り気ではありません。

本社の入り口ですれ違ったのは、かつての銀座支店長で現在は統括部長の小倉と紀本経営企画部長、さらに舞たち臨店が暴いた不祥事をことごとく隠ぺいしている昇仙峡玲子でした。

舞は以前昇仙峡が言った言葉を思い出します。

「あなた一人がどんなに頑張っても、この銀行は変わらない」

そして、紀本は昇仙峡と二人になり、小倉部長を側に置くのはふさわしいか問います。

すると昇仙峡は調査するので時間が欲しいと言うのでした。

銀座支店の振り込みトラブル

一方、銀座支店にやってきた舞と相馬は、振り込みトラブルの経緯を融資担当の坂野から聞くことに。

アクアソートという海水を真水に変えるベンチャー企業から振り込みの依頼を受けたものの、他行の小切手だったため日付の相違に気付かずに、約束の日に振り込みができくなってしまったのです。

アクアソートとは近々大口の融資契約の予定があり、問題を起こすわけにはいかない状況。

そこにアクアソートの社長・田沼がやってきて、坂野は支店長の西原とともに謝罪をすることに。

しかし田沼はなんとか今日振り込みして欲しいと譲りません。

そこで今回は銀座支店が立て替えることで今回は当日に振り込みできるよう手配をすることになり、このトラブルは収まることとなりました。

その後、無事に振り込みを済ませたのち、坂野は振り込みが遅れたコンサル会社「シンバシサービス」と言う会社に謝罪に行くことに。

ベンチャーの振込先のコンサル会社が明らかに反社!?

頼まれた舞と相馬は一緒にシンバシサービスに向かうと、そこは怪しげなビルの一室で。

中にはガラの悪い男が二人で、明らかに反社のような感じに見えました。

謝罪をすませてすぐに出た三人ですが、相馬がゴミ箱から拾った紙には振り込み詐欺のリストのようなもの。

アクアソートが反社と繋がっており、融資をしていたとなると会社全体の問題となる。

坂野は通帳を帰しに行くついでに、アクアソートに話を聞きに行くと言うので、舞と相馬も着いていきます。

アクアソートで出迎えてくれたのは常務の土屋。

土屋はシンバシサービスは営業の為のコンサル会社だと主張するも、明らかにシンバシサービスの名前を出すと土屋は動揺した様子でした。

その夜、舞の叔父・健が営む居酒屋「花さき」で舞、相馬、坂野は三人で飲むことに。

話題はアクアソートが反社の「シンバシサービス」で詐欺行為に加担しているのかどうか。

しかし坂野は社長の田沼が詐欺に加担しているとはどうしても思えないと言います。

志が素晴らしい会社だけど疑惑がぬぐえず・・・

翌日、三人は研究所にいる田沼に会いに行くことにしました。

シンバシサービスとのつながりは知り合いからの紹介だと言う田沼。

そこで田沼の水をきれいにする技術を見て深く関心する舞たち。

研究所からの帰り道、舞と相馬は近くの定食屋でランチをすることに。

田沼社長が詐欺に加担している、もしくは利用されているのでは?と話していると定食屋の女将のはるがそれを聞いて声をかけてきました。

「田沼君が詐欺に関わるなんてありえない」

はるは昨年詐欺にあって資産を失い、店を閉めようとしたと言う。

そんなとき常連客だった田沼は店を閉めることを引き留めて、常連客からカンパを集めて助けてくれたと言う。

「本当にいい子。凄い研究をしているみたいだけど、根は純粋で子供みたい」

その話を聞いて、舞と相馬は田沼たちの事情を詳しく調べることにしました。

反社から脅迫!その理由とは?

その頃、田沼が向かったのはシンバシサービス。

土下座をして関係を断ちたいと言いますが、シンバシサービスは田沼を暴力で抑えつけ受け入れてくれません。

「縁が切れるとしたら死ぬ時だよ・・・」

その後、相馬が調べたところシンバシサービスの佐藤という男はその世界では有名なヤクザであることが判明!

シンバシサービスは反社組織で間違いありませんでした。

そしてアクアソートが一年間でシンバシサービスに払ったコンサル料は3億円。

現金専用カードでシンバシサービスからアクアソートに振り込まれたお金がトータルで3億円弱。

翌日にはアクアソートとの融資契約があるので、それまでに反社とのつながりの証拠を見つけようと動き出す舞たち。

その夜、アクアソートの土屋は、銀行の統括部長・小倉に何やら会いに来ていますが、小倉は土屋を無下に扱い話も聞きませんでした。

翌日、アクアソートの融資契約が銀座支店で行われる直前。

舞と相馬がやってきて、田沼と土屋にシンバシサービスとの関係を改めて問いました。

営業コンサルタントだと言い切る土屋に、相馬はシンバシサービスからアクアソートに振り込まれた際のATMの防犯カメラ映像を見せます。

すると映っていたのはシンバシサービスの反社らしき男。

舞は、アクアソートに入金されたシンバシサービスからのお金は、詐欺などで奪ったお金だと言います。

そしてアクアソートから改めて振り込ませることで、汚れたお金の出所をわからなくしている。

「つまりマネーロンダリングに協力しているということです」

田沼は融資の話は白紙に戻すと言い、その場を去ろうとします。

しかし舞は事情があっても許されない行為。利用されているなら話してほしいと言います。

すると土屋が事の真相を語りだしました。

アクアソートは4年前経営危機に陥った。そのとき銀行からの融資を打ち切られて、助けてくれたのがシンバシサービスだった。

それ以降、シンバシサービスからマネーロンダリングに利用され続けていると言うのです。

頭を下げる土屋に、新橋支店の支店長たちはあきれた様子。

反社とのつながりの衝撃の黒幕の正体とは?

すると田沼がこう言います。

「シンバシサービスの佐藤を紹介したのはあんたたちだ!前の支店長の小倉だよ」

冒頭に登場したシーン。

あれは、小倉部長が反社からの借金を帳消しにするために、顧客だったアクアソートを差し出していたのです。

そしてアクアソートはお金を出して助けてもらった見返りに、マネーロンダリングに利用され続けていたという訳。

それを聞いた舞は急ぎ、小倉部長のもとに向かいました。

アクアソートにシンバシサービスを紹介したのかと問う舞に、小倉部長は事実無根だと言います。

しかし舞は田沼社長を信じると譲りません。

報告書でその旨伝えると言う舞に、小倉は潰してやると言います。

相馬は銀行全体の問題だからと、このまま引き下がるよう舞に言いますが、舞の怒りは収まりません。

「私はあなたを許しません。彼らの夢を保身のために利用するなんて」

「知ったことか!!下手なことをしたら君もこの銀行に居られないぞ?」

「お言葉を返すようですが、銀座支店で見聞きしたことは報告します。あなたが否定し恫喝したことも忘れずに書きます」

「やれるもんならやってみろ。叩き潰してやる」

舞は「望むところです」と言って相馬と去っていきます。

やっぱりもみ消しの結末

その帰り道、舞の目の前に現れたのは昇仙峡でした。

「銀座支店のことは報告書に書かないで。銀行にはルールがある。安っぽい正義感で動かれれは困ります」

そう言って去っていく昇仙峡に「何を言われても私は書きます」と言う舞。

そして部署に戻ると上司の芝崎からも、銀行を守るために報告書に書くのは辞めて欲しいと頭を下げられしまいます。

すでに昇仙峡から手回しが入っていたのでした。

舞は納得が行かないも、相馬からも諦めろと言われて、涙をのむことにしました。

後日、シンバシサービスの佐藤は何者かに刺された模様。

そしてアクアソートは一度会社をたたんだものの、社員全員引き連れて新しい会社を作ったという。

黒幕の小倉部長はと言うと、どこかのメーカーに出向になった。

それを聞き「懲戒解雇じゃないの?」と不満げの様子の舞なのでした。

【花咲舞が黙ってない2024】3話感想!スッキリしない終わり方は原作通り

今回の結末はちょっとモヤモヤした感じでしたね。

山本耕史さん演じる相馬が言ってましたが、警察で言えば舞と相馬が所轄、昇仙峡と紀本が本庁みたいなもの。

正義が通らずに上からの圧力で、真実が闇に葬られると言う、踊る大捜査線や相棒を彷彿されるようなストーリーでしたね。

ツイッターでも同じようにスッキリしない結果にモヤモヤの反響が。

スッキリしない人が多い結末でした。

しかし原作小説も反社とのつながりが描かれていて、多少違う部分もありますが、結末はやっぱり同じように昇仙峡さんに止められて隠蔽されてしまう、スッキリしない終わり方なんです。

なので、原作通りにしたので、しょうがないんですよね。

原作と変えてしまうと、批判をされるし・・・なかなか難しいところです。

花咲舞が黙ってない2024ネタバレ原作!半沢直樹と銀行合併の結末とは?

あわせて読みたい
花咲舞が黙ってない2024ネタバレ原作!半沢直樹と銀行合併の結末とは? 今田美桜さん主演の「花咲舞が黙ってない2024」人気ドラマのリメイクで池井戸潤さんのさんの小説が原作ですが半沢直樹が登場することが話題です。花咲舞は黙ってない202...

次回、第4話は舞の元カレが登場?楽しみにしたいと思います!

花咲舞が黙ってない3話のゲストキャスト

3話のゲストキャストについてご紹介です。

アクアソート 社長 田沼英司役 犬飼貴丈

アクアソート 常務・土屋役 中山求一郎

アクアソート融資担当・坂野元役 小林虎之介

小倉部長 矢柴俊博

シンバシサービス 佐藤役 山口祥行

シンバシサービスの社員 栄信

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次